旦那の浮気疑惑で注意すべき8つの兆候!浮気発覚後の対処法も紹介

旦那の浮気疑惑で注意すべき8つの兆候!浮気発覚後の対処法も紹介

長年連れ添っている旦那の様子が変だと思うときは、浮気のサインかもしれません。放っておくとエスカレートして家庭に大きな影響を及ぼす可能性がありますし、自分にとっても気持ちの良いものではないですよね。

今回は旦那が浮気をする兆候と、発覚した後に取るべき行動を解説します。浮気を知ったうえで関係を再構築するコツや、旦那が許せず離婚したい際の手順についてもまとめました。パートナーの浮気で悩んでいる人や、そうなる可能性がある人は、本記事の内容を参考にして、早急に問題を解決しましょう。

50人の体験者に聞いた!おすすめの出会い・マッチングサービス3選

まずは、ミーラス編集部が独自で調査してわかった、体験者から人気のある出会い・マッチングサービスTOP3を紹介します。

順位 1位 2位 3位
サービス画像 ハッピーメール
出典:ハッピーメール
キャリ婚
出典:キャリ婚
華の会メール
出典:華の会メール
サービス名 ハッピーメール キャリ婚 華の会メール
サービス説明

・気軽な出会いを求めている20~30代の若年層の方におすすめ

・国内最大級の会員累計数2,500万人で、出会いの確率74.5%と高水準

・キャリアを重視して結婚生活を送りたい女性におすすめ

・”共働き志向”の独身男性がおもな会員のため、マッチング率が高い

・質の高い出会いをしたい、30〜50代の中高年の方におすすめ

・50代以上の利用者が約半数を占めているため、気になる同世代との出会いが可能

詳細
少しでも気になった方は、ぜひ公式サイトより詳細をご確認ください。

旦那が浮気をする8つの兆候

旦那の浮気は彼自身の行動や、自分とのコミュニケーションの中で分かることが多いものです。具体的な例を紹介します。

携帯やスマホを肌身から離さない

旦那がスマホを肌身離さないときは要注意です。常に持っているのは、見られたくない情報があるからかもしれません。相手とのメッセージや写真など、気付かれると困るものを持っている可能性があります。

外出している時はスマホを持っているのが当たり前ですが、家にいる時にもずっと持っていたら怪しいですよね。例えばトイレに行くときやお風呂に入るときなど。少し席を離れるだけのときにスマホを持っている場合は、浮気を疑った方が良いかもしれません。

急に旦那の態度が変わる

旦那がそっけなくなった、変に世話を焼くようになったなど態度が変わったときも、浮気のサインかもしれません。上の空でほとんど話を聞いていなかったり、いつものように話が弾まなかったりするのは、浮気相手のことを考えているのかも。

もしくは、変に思われないよう過剰に優しくして、妻の世話をし始める人もいます。態度の変わり方は、人によって違うのです。「なんだかいつもと違うな…」と思ったときは旦那をよく観察して、浮気の可能性を考えましょう。

身だしなみがおしゃれになる

旦那が外見を気にし始めたら、浮気の可能性があります。いつもより服に気を使うことや、ヘアアレンジする機会が増えたら、浮気相手に会っているのかも。恋が始まったばかりの頃、新しい服を買いたくなったり、美容院に通いつめたりした経験は誰にでもあるでしょう。

旦那の場合も「浮気相手に少しでもよく見られたい!」という気持ちがあるということ。それまでほとんど気にしていなかった外見が変わったり、おしゃれを始めたりしたら要注意です。

携帯GPSやカーナビの履歴

携帯のGPSや、カーナビの履歴をチェックしていたときに浮気が分かることもあります。申告していた場所と違うところに行った履歴があったら、怪しいサインです。場合によっては、ラブホテルなどのいかがわしい場所に行っていたという、確たる証拠が残っているかもしれません。

常に旦那の場所をGPSで把握している人は少ないかもしれませんが、携帯で場所を特定できる機能があります。可能であれば設定して確認してみるといいでしょう。

クレジットカードの利用額が増える

今までよりクレジットカードの利用額が増えたときは、怪しいと思った方がいいでしょう。普段どおり過ごしていたら、金額は大きく変わらないはずです。金額が増えていたら、浮気相手との食事やデート代に使っていることが考えられます。

クレジットカードの利用は明細が残るので、できればお店の名前や支払先をチェックしましょう。旦那の言っていることと明細が違うなど不信に感じることがあれば、明細を写真に撮って記録しておくのがおすすめです。

セックスの数が減る

夜の時間がなくなるのは、よくある浮気の兆候の1つ。以前に比べてセックスの頻度が減ったら、外で発散している可能性が高いです。ただ旦那さんによっては、いきなり回数をゼロにはせず、徐々に減らしていくこともあるようです。

そのため、仕事や家事が忙しい女性はなかなか気付かないかもしれません。記録をつけるまではせずとも、1ヶ月前や数ヶ月前と比べたときに「あれ?最近してないかも」と思ったときは、浮気の可能性を考えましょう。

妻の予定を何度も確認する

平日夜や土日の予定を執拗に聞いてくるときは、同じ時間に浮気しようとしているのかも。1回ならまだしも、2回も3回も聞いてくるのは少し変ですよね。特に怪しいのは、特定の日時に何をしているか、どこにいるかなどを確かめるように聞いてくるときです。

妻がどこにいるか確認することで、バレる可能性はないかを念入りにシミュレーションしているのかもしれません。反対に予定を聞き返すことで、反応を見て浮気の兆候を確認しましょう。

残業や休日出勤、出張が増える

残業や休日出勤などが増えるのは、仕事を言い訳にして浮気している人がよく使うパターンです。帰宅する時間が遅くなったり、土日も仕事でいなくなったりすることが多くなれば、浮気相手と密会している可能性があります。

不信に感じた際は、実際にオフィスビルを外から見て会社が営業しているか確認してみましょう。もしくは、電話で問い合わせてみるのも1つの手です。仕事をしている確認ができなかったら、浮気相手と会っているかもしれません。

浮気した旦那と関係性を再構築する方法

浮気が発覚した後に関係をやり直すには、モヤモヤした状態をそのまませず、メリハリをつけることが重要です。1つずつ見ていきましょう。

浮気の原因を突き止める

旦那が浮気をした背景には、何かしらの原因があったはず。とことん話し合って、原因を突き止めて解決しましょう。例えば、仕事で疲れ切ってストレスを抱えていたり、淡々と過ごす毎日に飽きていたりすることが考えられます。

もしくは、毎日一緒にいるがゆえに、妻のことを女性として見られなくなってしまったというパターンもあるでしょう。きちんと原因を突き止めれば、同じことが起こらないよう対策を打つことができます。

旦那の浮気相手と縁を切ってもらう

浮気相手とは二度と同じ関係にならないよう、きちんとお別れしてもらいましょう。縁を切る際には、結婚しているので今の関係を続ける気はないと、旦那から相手に宣言させることが大切です。

SNSのアカウントも削除して、連絡を取れないようにするとなお良いでしょう。同じ会社内であれば異動や退職の選択肢も考えることをおすすめします。浮気相手と別れてもらえれば妻としても安心できますし、きちんと縁を切ることで、旦那の気持ちにもケジメがつけられるでしょう。

自分の本音をきちんと伝える

浮気を知ったうえで、それでも関係を続けたいのならばきちんと相手に伝えましょう。一度は人生を共にしていくと決めた相手ですから、本心を聞いたらきっと旦那も反省するはずです。

本音を伝える際には、ただ関係を続けたいというだけでなく、なぜそうしたいのか理由も付け加えるのがおすすめ。好きだから関係を維持したいのか、子供のために今の環境が必要なのか、なぜ旦那が必要なのかを話しましょう。相手と向き合って正直に思いを伝えることで旦那にも誠意が伝わり、関係を再度構築するカギになります。

旦那の言い分をきちんと聞く

浮気した旦那が言い訳をした際は、無下にせず話を最後まで聞きましょう。非難したい気持ちもわかりますが、きちんと最後まで話を聞くことが大切です。言い分を聞いたら、2人で解決できることが見つかるかもしれません。もしかすると、妻にも原因がある可能性があります。旦那との接し方を見直して、反省するいい機会になるでしょう。

また、言い分を聞くと相手には「自分のことをわかってもらえた」という安心感を持ってもらえやすいです。相手の話を聞くことが、新たに旦那との信頼関係を築く一歩につながります。

旦那に誓約書を書いてもらう

浮気したことについて、旦那に誓約書を書いてもらうのも効果的です。誓約書は「もう浮気をしません」のようなざっくりした内容でなく、再発した際のペナルティを厳しく定めるのがポイント。

誓約書は法的な効力を持つので、万が一同じことが起こっても妻の側が有利になるよう調整できます。紙面に条件が記載されていれば、旦那は心理的にも「もう同じことはしない」と強く決意するでしょう。妻としても正式な書面が残っていることで気持ちがリセットされて、関係の再構築に踏み出しやすくなります。

旦那がどうしても許せない場合

浮気をした旦那が許せないときは、離婚に向けて手続きを進めることになります。証拠集めから弁護士相談まで、各ステップを見ていきましょう。

まずは浮気の証拠を集める

旦那が相手と会っていることが分かる写真やメッセージの履歴、GPS情報を集めましょう。クレジットカードや交通系カードなどの明細も、とっておくと役に立ちます。ただ、証拠品は2人が関係を持っているとわからないと意味がありません。

日常会話のようなメッセージのやり取りや、大人数の写真は浮気の証明にならないのです。そのため、肉体関係があると分かるSNSのトーク画面や、2人だけでホテルに入ろうとしている写真が撮れれば有利だと覚えておくといいでしょう。

希望する離婚条件を決める

慰謝料をいくら請求するのか、財産はどのように分け合うのかもあらかじめ決めておきます。子供がいる場合は、どちらが親権を持つのか、もし自分が持つのであれば養育費はいくら欲しいか、といったところまで考えましょう。

離婚をする際はさまざまな手続きが必要になります。面倒に感じるかもしれませんが、事前にきちんと考えておけば後々の生活を送りやすくなるでしょう。また旦那に離婚請求をする際に、具体的な内容を提示できるのは大きな強みになります。

離婚請求をする

可能であれば、旦那と話し合って離婚するのが理想です。あらかじめ用意していた証拠品や希望する条件を余すことなく伝えましょう。話し合ったうえで同意できたら、役所に離婚届けを出して手続きは完了です。

万が一揉めてしまったときや、話し合いができる状態でない場合は別の方法を使います。例えば第三者に立ち会ってもらう調停離婚、弁護士を雇って裁判をする裁判離婚などがあげられます。

離婚を考えている場合は弁護士に相談する

離婚を進めるのは1人でやろうとせず、弁護士にサポートしてもらうのがおすすめです。豊富な法律の知識を持っている弁護士なら、有利な条件になるよう手助けしてくれるでしょう。

離婚に関する手続き経験が豊富な弁護士であれば、手順について事細かに教えてもらえるので、自分で調べる手間も省けます。弁護士がいるだけで気持ちの面でも心強く、調停離婚や裁判になった際も、落ち着いて進めることができるでしょう。

旦那の浮気を調査してもらうのも1つの手段

家事や育児をやっていると、証拠集めに時間をかけられない人もいるでしょう。旦那の浮気調査をするには、探偵事務所を活用してみるのも1つの手です。調査するメリットと注意点を紹介します。

調査を依頼するメリット

プロに依頼することで自分では集められない証拠が手に入り、リスクを回避できるメリットがあります。旦那のことを常に尾行するのは難しいですが、探偵を雇えば浮気相手と一緒にいる時の写真など、確たる証拠が手に入るでしょう。

また、スマートフォンを解除して証拠を集めたいと思うかもしれませんが、リスクがあるのであまりおすすめできません。勝手にロック解除して中身を見てしまうと、プライバシーの侵害にあたる可能性があるからです。探偵なら自分がリスクを負わないよう最大限配慮しながら、必要な証拠を集めてくれます。

自分1人では旦那と交渉しにくいと感じる人も、プロがつくことで強気で離婚の話を進められるでしょう。探偵は数々の場をこなしてきているので、役に立つアドバイスをもらえるはずです。

調査依頼する際の注意点

探偵に調査してもらうにはそれなりの費用が必要です。予想していなかった高額の費用請求をされないためには、できるだけ自分で情報収集してから調査を依頼するのがポイント。調査期間が長引いて項目が多くなると、それだけ費用も高くなってしまうためです。

費用を安く抑えるには、どんな場所で旦那が浮気しているのか、浮気相手はどこで知り合った人なのかなど、具体的な情報をキャッチしておきましょう。事前に情報を集めておけば、探偵に依頼するときに「何月何日にここへ行ってください」と指定できます。

まとめ:旦那の浮気の兆候を見逃さないようにしよう

旦那の浮気の兆候や、発覚した後の対応策を紹介しました。浮気の兆候は、旦那の態度やお金の使い方、仕事の状況などさまざまなシーンから推測できます。

万が一浮気をされて辛い思いをしても、関係を続けたいときはしっかりケジメをつけましょう。旦那にきちんと思いを伝えて、浮気相手ときちんと別れさせることが大切です。どうしても旦那のことが許せないときは、弁護士や探偵に相談しながら離婚の手続きを進めるのがおすすめ。

日常生活の中で旦那のことを「何か変わったな」と感じるときは、浮気をしているサインかもしれません。兆候を見逃さないようにして、問題が大きくなる前にトラブルの解決に乗り出しましょう。