失恋から立ち直れない5つの理由とは?傷を癒す方法についても解説

失恋から立ち直れない5つの理由とは?傷を癒す方法についても解説

「大好きだった男性との別れ」は女性に大きなショックを与えるものです。「忘れたいけど忘ることができない…」「考えたくないのに彼のことばかり思い浮かんで苦しくて涙が出る…」など失恋から立ち直れず悩んでいませんか?ひどい人だと失恋がきっかけで食事ができなくなったり、眠れなかったりと、生活に支障をきたしている人もいるのではないでしょうか?

いつまでも前の恋を引きずっていては毎日楽しく過ごすことができませんし、新しい恋を見つけることも難しくなります。今回は失恋からなかなか立ち直れない理由と、傷ついた気持ちを癒す方法について解説していきます。失恋をして前を向くことができず苦しんでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

50人の体験者に聞いた!おすすめの出会い・マッチングサービス3選

まずは、ミーラス編集部が独自で調査してわかった、体験者から人気のある出会い・マッチングサービスTOP3を紹介します。

順位 1位 2位 3位
サービス画像 ハッピーメール
出典:ハッピーメール
キャリ婚
出典:キャリ婚
華の会メール
出典:華の会メール
サービス名 ハッピーメール キャリ婚 華の会メール
サービス説明

・気軽な出会いを求めている20~30代の若年層の方におすすめ

・国内最大級の会員累計数2,500万人で、出会いの確率74.5%と高水準

・キャリアを重視して結婚生活を送りたい女性におすすめ

・”共働き志向”の独身男性がおもな会員のため、マッチング率が高い

・質の高い出会いをしたい、30〜50代の中高年の方におすすめ

・50代以上の利用者が約半数を占めているため、気になる同世代との出会いが可能

詳細
少しでも気になった方は、ぜひ公式サイトより詳細をご確認ください。

失恋から立ち直れない5つの理由

失恋後、なかなか立ち直れず、ずっと好きだった人を引きずってしまっている人は意外と多いです。そんな失恋からなかなか立ち直れない人たちに多く見受けられる「立ち直れない理由」をまとめました。

一方的でショックな別れ方だった

失恋から立ち直れない理由として多いのが「彼から一方的に別れを告げられたから」という理由です。別れの予兆があれば自分自身の気持ちを整理したり、関係の修復に努めることができますが、いきなり一方的に切り出された別れは急すぎて気持ちを整理することができません。

少しでも話し合いの場を持てれば良いのですが、相手がすでに別れを決めていてしっかりと話し合うことができず、一方的に別れることになった場合、自分の気持ちを伝えることもできないため、不完全燃焼で別れてしまうという場合も多いです。

また、別れの理由が「別に好きな人ができた」や「結婚をやめたい」など予想してなかったようなショックな理由であれば、なおさら心の傷は深くなってしまいます。

片思いの期間が長かった

好きな人を思い続けた期間が長いほど失恋した時のショックは大きいです。思い続けた期間だけ彼のことを考えていたのですから、いきなり彼のことを考えないようにするというのも難しいでしょう。そのためなかなか前に進みづらいです。

また、片思いで好きな彼に告白をせず彼女ができてしまった場合や、結婚したことを知って間接的に失恋した場合は、特に失恋を長期間引きずってしまう人が非常に多い傾向にあります。

なぜかというと「もっと早く告白していたら付き合えたかもしれない」「どうせ振られるなら気持ちを伝えたかった」という告白をしなかったことへの後悔の気持ちが拭い去れないからです。このように片思い期間が長く、告白せず終わってしまった恋は失恋から立ち直りにくいでしょう。

結婚を視野に入れていた

また、失恋を引きずる理由の一つが「結婚を視野に入れてお付き合いをしていたから」です。「この人と結婚するつもりでお付き合いを始めた」など結婚を前提に考えて付き合っていたにも関わらず、いきなり振られてしまったのであれば失恋のショックもかなり大きいはず。

結婚という一生を彼と添い遂げるつもりでのお付き合いは、ただのお付き合いよりも本気度も高く、その分彼への思い入れも強いため、なかなか忘れることができません。また「恋愛はこれで最後」のつもりでお付き合いをしているので、また新しい出会いを探すのに前向きになりにくいのです。
このように結婚を考えてお付き合いをしていた女性は、なかなか失恋を吹っ切ることが難しいです。

彼以上の男性と出会えない気がしている

歳を重ねるごとに自分の理想は上がり、理想通りの男性と出会ってお付き合いするのは年々難しくなってしまいがちです。そんな中でやっと理想通りの彼にお付き合いをしていたのにも関わらず失恋をしてしまうと「そこから立ち直ることができない・・・」という人を多く見受けます。

特に結婚を逃したくない女性は、理想の人に出会えた時「もうこの人を最後の彼氏にしたい!」という気持ちが自然に湧き上がってきます。

また周りにも独身男性が少なくなってくる年代のため、せっかく出会えた理想の彼に振られたとなると「もうこれ以上の人には出会えない・・・」と思い、そのまま新しい恋を探すことすらできなくなる人もたくさんいます。

「失恋うつ」の可能性

失恋後、いつまでたっても辛い・涙が止まらないなどの症状が出ている場合は「失恋うつ」の可能性があります。楽しかった恋愛時期からいきなり失恋をしたり、ひどい振られ方をしてしまうとその衝撃で失恋がトラウマになってしまうことも。

恋愛は良くも悪くも心が大きく揺れ動きます。悲しいや辛い、苦しいなどのマイナスの感情を抱えることになると、自分でも気持ちの制御ができなくなり、気づかないうちにうつを発症している場合があります。

また誰にも自分の苦しい思いを打ち上げられないなど抱え込んでしまう性格の人は特にうつにかかりやすい傾向があります。もし悲しみや苦しみがいつまでたっても治らない場合はカウンセラーの人に相談してみるのも大切です。

失恋から立ち直りにくい女性の特徴

失恋をした時、なかなか立ち直りにくい女性には実はいくつかの特徴があります。ここからはそんな女性の特徴を解説していきます。

男性や恋愛に依存しやすい

恋愛をすると、いつも男性のことばかり考えたり、彼のことを最優先にしてしまうといういわゆる「彼氏や恋愛依存」の女性は残念ながら失恋から立ち直りにくい人が多いです。

なぜかというと自分の生活のほとんどを恋愛中心にしてしまっていたり、彼に合わせた生活を送っているため、いざその恋愛が終わった時にぽっかり穴が空いてしまって埋めることができないからです。

今まで彼に注いできた情熱をそそぐ場所がなくなり、燃え尽き症候群のような状態に陥ってしまい、彼との過去ばかりを振り返ってしまうことで立ち直れなくなっています。

パートナーを誠実に思い続ける性格

パートナーに誠実な女性は、彼氏ができると「相手を不安にしたくないから」と男友達との連絡をやめたり、縁を切って疎遠になってしまう人もいます。そんな中で思っていた彼氏にいざ振られてしまうと男友達に話を聞いてもらったり、遊んで気を紛らわすということもできません。

また男友達が全くいなくなってしまうと、新しい恋を見つけるきっかけもなくなってしまい、失恋したまま時が経ってしまったという女性が多いです。

引っ込み思案でおしゃべりが苦手

人と話すことが苦手だったり、自分の本当の気持ちを人に打ち明けるのが下手という人は気持ちを自分の中で抱え込んでしまいがちです。普通であれば友達に胸のうちを話すことで気持ちが楽になったり、他者の意見を聞くことで少しずつ冷静な判断ができるようになります。

しかし、あまり自分の胸のうちを話すことが苦手で自分で対処しようとするタイプの人は、なかなか今の気持ちを処理することができず、結局気づけばずっと抱え込んでしまっていたということもよくあります。そのためいつまで立っても失恋から立ち直れないのです。

日頃から自己肯定感が低い

自己肯定感が低い人は失恋したことで自分を責めてしまう人が多いです。「もっとこうしてれば彼は離れていかなかったかも・・・」「自分がもっと可愛ければ他の女に取られなかったのに・・・」など自分をずっと責め続けてしまい結果、自分で自分を苦しめ続けてしまうのです。

失恋の原因が自分にあると決めてしまうため、余計自分に自信が持てなくなり、ますます自己肯定感が下がってしまうため、新しい恋へも踏み出せない状態になってしまいます。

1年以上必要?失恋から立ち直るまでの期間

失恋から立ち直るまでどのくらいの期間がかかるのでしょうか?実際に前の彼氏を思い出すこともなくなり新しい恋に踏み出せるまでにかかる期間がどのくらいなのか解説します。

「1ヶ月」で立ち直れるのは少数

失恋したばかりの人は「辛い気持ちを早く忘れてしまいたい・・」と感じている人も多いと思いますが、自分の心を癒すには1ヶ月以上はかかってしまうでしょう。

この期間は焦らず自分の気持ちと向き合い、彼のことを消化させ、次に進むことができるようになるので、その大切な時期と捉えて向き合うことが重要です。

ただ「お付き合いがとても短かった」や「自分自身も実は少し冷めてきていた」など、そこまで相手に対して気持ちが入れ込んでない状態だった人は少数ではありますが、1ヶ月後には新しい恋愛を求め出しているという人もいます。

「3ヶ月~半年」は一般的な立ち直り期間

だいたい3ヶ月〜半年で多くの女性が失恋から立ち直っていきます。彼のことをだんだん思い出すこともなくなり、新しい恋に向けて自分磨きを始め、悲しかった毎日から充実した毎日に変わった人も多いでしょう。

このくらいの時期になると多くの女性は「新しい出会い」を求め始めます。「失恋した彼よりも素敵な人を見つけてやる!」と気持ちも前向きになり、合コンや紹介などで新しい男性との出会いを求め始めることができれば、失恋の傷も癒えたと言えます。

「1、2年以上」は傷がかなり深い

失恋の傷が深い方は立ち直るまでに1年、2年以上とかなり長い期間がかかる方もいます。彼への片思いの期間が長かったり、お付き合いの期間が長いなど、彼への思いが深ければ深いほどどうしても失恋から立ち直るには時間を要してしまいがちです。

また、ダメージの大きい失恋だった場合、もう一度恋をするのが怖くなったり、新しい恋に踏み出せなくなったりなど、失恋のトラウマを克服して立ち直るまで時間がかかる人もいます。

また時間が経てば経つほど相手のことを美化してしまうことも多く、余計「彼以上の男性はいない・・・」と思い込んでしまい、立ち直れない人もたくさん見受けれられます。

今こそ大失恋から立ち直る!5つの対処法

いつまでも失恋を引きずっていると心にも体にも悪いです。ここからは失恋から立ち直る方法についてお伝えします。もし今失恋から立ち直れずにいるのであれば、ぜひ失恋を克服して前に進むためにも実践してみてくださいね。

感情をアウトプットする

自分の気持ちを1人で抱えていると、どうしても彼のことばかりぐるぐる考えてしまったり、未練の思いばかりにかられてしまいます。ぜひ自分の感情をアウトプットしていきましょう。

友達に話をするでもいいですし、ノートなどに自分の今思っていることを書き出すでも構いません。自分の感情を口に出して話したり、ノートに書くことで心の中を整理することができます。

客観的に自分の感情をみたり、友達からアドバイスをもらったりすることで自分の気持ちや今回失恋したことを冷静に見つめることができるようになります。このように自分の気持ちを整理整頓していくことは失恋から立ち直るためには有効な手段です。

思い出の品や写真を捨てる

思い出の品や写真をいつまでも手元に置いておくのは、彼への未練があるからです。大切な人からもらった物や、一緒に写った写真は思い出深いですし、未練があれば捨てたくないでしょう。

ですが、彼との思い出の物を思い切って処分してしまうことで、自分の中でも「区切り」をつけることができます。また、もらった物や彼を思い出す物を家で目にすることが、あなたを苦しめている原因になっている可能性もあります。

思い出の物や写真を思い切って捨ててしまうことで、ふと目に入って彼を思い出すこともなくなるでしょう。

仕事や趣味に没頭する

何かに集中して没頭している時は余計なことを考えなくて済みます。もちろんそれは失恋した気持ちも同じです。何もすることがないと、自然と彼のことを考えてしまって、ずっとその思いを持ってしまいますが、何かに没頭している時は、彼のことも考えずに済みます。

このように、少しずつでも彼のことを考える時間を減らしていくことで、少しずつ心の傷も癒えてきます。お仕事でも趣味でもなんでも構いませんので、何か集中する時間をできるだけ作るようにしてみましょう。

新しいことを始める

習い事や資格の勉強など新しいことに挑戦してみることも、失恋から立ち直る有効な手段の1つです。新しいことを始めることで心は変化し、ワクワク感など前向きな気持ちが生まれてきます。この前向きな気持ちが少しずつ失恋の傷を直してくれるのです。

また新しいことを始めることで、彼のことを考える時間も減ってきます。彼のことを考える時間が減ってくると自然に失恋から立ち直ることもできるでしょう。

新しいことはもちろん「恋」でもいいのですが、もし「自分は恋愛依存体質だな」という場合は気をつけてください。依存気味の人は誰かに傷を癒して欲しいために、あまり好きではないのについ付き合ってしまって、後々後悔する場合もあるので要注意です。

自分を磨く

失恋した直後は、自分に自信をなくしてしまい「自分なんてだめだ・・・」と自己否定してしまいがちです。そんな時に自分磨きをすることは、自分に自信をつけることにも繋がります。例えばダイエットをしたり、メイクや髪型を変えるなど、自分を磨くことで自分に自信をつけ、前向きな気持ちになることができます。

周りからも「綺麗になったね」や「可愛いね」と言われることが増えれば、自然と「振られた相手を見返してやる!」「新しい恋にも踏み出してみたい」という気持ちが湧いてくるでしょう。

立ち直るために「復縁」を目指す方法

「失恋から立ち直れない・・・」という人の中には「やっぱり彼がいい!復縁したい!」と願っている人もいると思います。失恋したからといって復縁ができない訳ではありません。ここからは復縁を目指す方法について解説していきます。

冷却期間を置いて自分とも対話を

別れたけど復縁したいと思っている人は、彼とすぐにでも連絡を取りたいと思っている人が多いです。ですが振られたばかりの時は、どんなアプローチをしても逆効果に働いてしまいがちです。まずはお互いに冷静になるためにも、一度冷却期間をおくことが重要です。

その期間に「なぜ今回彼に振られてしまったのか?」「もし復縁できたとしたら何を気をつけたら上手くいくのか?」など今までの自分の言動を含め、振り返りをしてみてください。

この振り返りをしっかりしていないと、いざ復縁してもまた同じことで彼に嫌われて振られてしまうかもしれません。同じことを繰り返さず、前のあなたとは変わったところを彼に知ってもらうためにも、しっかり自分と向き合いましょう。

気軽なあいさつから連絡を再開

ある程度期間を置いたら気軽な挨拶から連絡をとってみましょう。時間が立つことで彼も冷静になっているので、あなたの連絡に対して悪い印象は持たないでしょう。

ただ気をつけて欲しいことは長文の文章で送らないことです。どうしても久しぶりの連絡なので、長々と文章を書いてしまいたくなります。ですがそれは彼にとって「重い」と感じさせてしまう可能性が高いです。印象が悪くなってしまうので、できるだけ気軽に返せるような短い文章から送ってみましょう。

長い期間がかかる覚悟をして

連絡を取れるようになったからといって、すぐに復縁できるという訳ではありません。彼の気持ちは一度0もしくはマイナスになってしまっているので、ここからはまたあなたを好きになってもらう必要があります。

再度あなたのことを好きになってもらうためには、すぐに行動したからと行って急激に上がることは残念ながらありません。逆にいきなり迫ってしまうと彼が引いてしまって、また振られた頃の気持ちに戻ってしまう可能性が高いです。

まずは定期的に軽い連絡をとったり、距離が近づけばご飯に行ってみるなど少しずつ距離を近づけていくことがポイントです。あまり答えを急がず長い目で彼との関係をまた築いていく覚悟を持ちましょう。

まとめ:立ち直れない失恋のショックにさよならを!

彼のことが好きであればあるほど、失恋した時のショックは大きくなります。毎日辛くて仕方ないという方もいるでしょう。ですが、そんなショックな失恋から立ち直れる日は必ず来ます。

少しでも早く苦しい気持ちからさよならするためにも、この機会に新しいことに挑戦したり、何かに没頭したりと、できるだけ過去を振り返らないことが大切です。彼のことを考えない時間が増えていけばいくほど、知らず知らずに辛かった心も軽くなっていくはずです。

また、自分磨きをすることで綺麗になって自分に自信をつけることも大切です。自信を取り戻せば新しい恋にも踏み出しやすくもなります。失恋をして辛いという人は今回の記事をぜひ参考にしてみてください。