結婚タイミングはいつがベスト?逃さないポイントと具体的なきっかけ

結婚タイミングはいつがベスト?逃さないポイントと具体的なきっかけ

結婚タイミングがなかなか合わないことで悩んではいませんか?結婚は人生の中でも重要な決断です。もちろん時期的に早い方がいいとは思うものの、彼の気持ちがどうなっているかわからなくて焦ってしまうことも多いでしょう。

周囲の友達がどんどん結婚していき自分だけ置いていかれていたり、親から「結婚はまだなの?」と詰められたり、自分はいつになったら結婚できるのだろうと不安になってしまいます。

しかし、結婚のタイミングは周りの意見や雰囲気に振り回されるべきではありません。彼と自分の気持ちが整ったときこそベストタイミング。そこで、この記事では結婚のベストタイミングについてまとめました。

50人の体験者に聞いた!おすすめの出会い・マッチングサービス3選

まずは、ミーラス編集部が独自で調査してわかった、体験者から人気のある出会い・マッチングサービスTOP3を紹介します。

順位 1位 2位 3位
サービス画像 ハッピーメール
出典:ハッピーメール
キャリ婚
出典:キャリ婚
華の会メール
出典:華の会メール
サービス名 ハッピーメール キャリ婚 華の会メール
サービス説明

・気軽な出会いを求めている20~30代の若年層の方におすすめ

・国内最大級の会員累計数2,500万人で、出会いの確率74.5%と高水準

・キャリアを重視して結婚生活を送りたい女性におすすめ

・”共働き志向”の独身男性がおもな会員のため、マッチング率が高い

・質の高い出会いをしたい、30〜50代の中高年の方におすすめ

・50代以上の利用者が約半数を占めているため、気になる同世代との出会いが可能

詳細
少しでも気になった方は、ぜひ公式サイトより詳細をご確認ください。

結婚のタイミングはどうやって決めるべき?

結婚タイミングは年齢だけでは決まりません。結婚までの交際期間は人それぞれで、お互いの心の準備ができたときこそベストタイミングだからです。まずは結婚のタイミングについて見ていきましょう。

結婚タイミングは年齢だけでは決まらない

平均的な結婚年齢は確かにデータとしては存在します。女性の場合、現在は29歳前後が平均的な年齢です。しかし、結婚のタイミングは人それぞれ。データだけをみると「もう30歳!」なんて思うこともあるでしょうが、焦って結婚しても上手くいきません。

一番重要なのは、パートナーと話し合って歩幅を合わせること、お互いが納得したタイミングこそ結婚にふさわしい時期と言えます。つまりお互いが納得すれば学生でも結婚して構いませんし、40代になっていても問題ありません。結局は2人が幸せを感じられる段階こそベストなタイミングということ。

結婚までの交際期間は人それぞれ

結婚までの交際期間は人それぞれです。国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、平均交際期間は4年と少しというデータが出ています。平均初婚年齢が29歳ということを考えると、25歳前後で交際を始めて、だいたい4年後に結婚するのが平均的な流れ。

しかし、平均はあくまで平均です。世の中には交際1ヶ月で結婚するカップルもいれば、10年以上を経て結婚する場合も。そういった様々な事情を平均化した数値が4年というデータです。そのため、平均という数値に惑わされてはいけません。

参考:
第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)|国立社会保障・人口問題研究所

結婚のタイミングはお互いに心の準備ができたとき

結婚のタイミングは交際期間でも平均結婚年齢でもなく、お互いの心の準備ができたときです。2人の心で納得ができれば、交際を始めて数ヶ月でも結婚できますし、逆に準備ができなければ何年経っても結婚するべきではないでしょう。

2人で結婚を意識した会話が増えてきた、あるいは将来のこと・子供のことを話すことが多くなってきたら、準備が整ってきたといえます。ただ、注意した方がいいのは、結婚を急いで急に将来の話を持ちかけると、彼が重いと感じてしまう場合も。自然に将来の話をするようになるのがベストです。

結婚タイミングにはどんなパターンがある?

結婚のタイミングのパターンは、相手を人生のパートナーと確信したときや、仕事が落ち着いたとき、周囲の友人が結婚したときなどさまざま。結婚タイミングについてまとめました。

相手を人生のパートナーと確信したとき

相手を人生のパートナーと確信したときは結婚のタイミングでしょう。長く付き合っていると「この人が人生のパートナーだ!」と確信するときがきます。その直感が重要で、彼女でいたいという気持ちから、夫婦になりたいと思えたタイミングがベスト。

恋人として彼をみている段階から、どんな難しいことも2人で乗り越えたいと思うようになれば、それが結婚タイミングです。恋心の「好き」から「愛」に変わったとき、決断をするべき。

仕事が落ち着いたとき

仕事の忙しさも重要です。気持ちは結婚したくても、仕事が忙しい・重要なプロジェクトを任されている・異動があるなどで落ち着かないときは結婚をおすすめしません。特に新入社員で1年目・2年目は覚えることも多いでしょう。

そのため、一般的には3年目くらいで仕事に慣れ、4・5年経つと仕事が落ち着き、余裕も出てきます。そのタイミングで結婚の話をすると話が進みやすいはずです。

周囲の友人が結婚したとき

周囲の親しい友人が結婚したときも、結婚を意識するタイミングです。友人の幸せそうな姿をみると、ぐっと現実感が溢れてきます。結婚の良さを実感することで、よりモチベーションも上がるでしょう。

特に披露宴に参列すると、より結婚が素敵なものに見えます。自分も同じように幸せになりたいと感じることから結婚タイミングでは?と感じるでしょう。

経済的な自由ができたとき

結婚は何かとお金がかかります。結婚式・披露宴ももちろんですが、2人での新生活、子供のことなどとにかく大変です。そのため、経済的な自由ができたときも結婚に踏み切るタイミングでしょう。

2人の収入が安定し十分な貯蓄ができたタイミングで結婚すれば、将来の不安も少なく感じます。仕事が落ち着いたときと合わせて経済的な自由も重要。とはいえ、金銭的な余裕がないからといって結婚できないわけではありませんので、ご安心ください。

自然に相手と結婚の話をしたとき

自然に相手と結婚の話、あるいは将来の話をしたときはタイミングが近づいているといえます。というのも、互いに結婚を意識していることの証明だから。「結婚したら〇〇に住みたいね」や「子供は2人かな」などの会話がヒントです。

ただし、先ほども説明した通り、無理に結婚後の会話を持ちかけると彼が話を合わせるだけになってしまうこともあります。あくまで自然に結婚に関する会話が増えるのが条件です。

長期間交際したとき

付き合いが長くなって、数年目の記念日など節目のタイミングで結婚を考えることも多いでしょう。やはり交際が長いほど結婚が近くなるものです。とはいえ、長く交際していても喧嘩が多かったり、すれ違いばかりだったりする場合は結婚を待った方が良いこともあります。

基本的に男性も女性も相手のことをよく知ってから結婚したいと思うもの。お互いのことを深く知るための時間はしっかり設けた方が良いでしょう。

子供など家庭への憧れを抱いたとき

交際をしているだけの関係では結婚はイメージのつきにくい事柄です。しかし、子供など、将来の家庭への憧れを抱くと一気に具体的なイメージが湧くでしょう。結婚は家庭を築くことを意識したタイミングがおすすめです。

2人で子供としたいことを話し合ったり、将来像をイメージしたりする会話が増えたらタイミングといえます。

遠距離恋愛になるとき

転勤などで遠距離恋愛になるとき、相手の重要さが身に染みて分かるはず。一緒にいたときはあまり意識しなかったけど、離れると大事だと実感することもあります。その際「この人とずっと一緒にいたい」と思ったら、結婚するべきです。

結婚すると遠距離でも強い繋がりを維持できるので、気持ちが離れていくことも少ないでしょう。どうしても一緒にいたいと思うのであれば結婚を考えてみてください。

結婚のタイミングを逃す理由

結婚したいけどなかなかできないと感じている方はさまざまな理由で結婚のタイミングを逃しています。その理由についてまとめました。

家族を養えるか不安

男性の場合、自身の経済力に不安を感じて結婚を決意できないこともあります。もちろん、現在は男女の働き方が変化しており、必ずしも男性が稼ぐ必要はありません。しかし、意識として経済力に不安がある方は結婚を後回しにしがちです。

特に若いうち、入社1〜2年目の新人の頃は結婚が難しいと感じるでしょう。結婚は経済的に自由を感じられる入社4〜5年目以降が平均的です。とはいえ、収入が少ないから結婚できないわけではありません。2人が納得や覚悟ができるなら結婚は可能です。

もし、彼が「家族を養えるか不安」という思いで結婚を先延ばしにしているのであれば、自分が支えることをアピールして、覚悟を決めてもらうのも1つの手でしょう。

仕事と家庭を両立できるか不安

女性に多い結婚タイミングを逃す理由で、仕事と家庭を両立できないかもしれないという不安があげられます。女性は結婚後に出産・育児が待っていることが多く、仕事との両立が難しいと考えがちです。

しかし、現在では男性の育休も一般的になりつつあります。育児を女性だけの負担と思わず、旦那さんにも協力してもらいましょう。2人で困難を乗り越え、より良い家庭を築いていくことで良好な関係になるはず。

不安に思って結婚を先延ばしにするより、まずは彼と相談して今後のことを考えるようにしてください。その方が彼も「自分を頼ってくれるんだ」と嬉しい気持ちになり、話が進むでしょう。

結婚に良いイメージがない

結婚に対していいイメージがない場合はタイミングを逃しがちです。例えば両親が不倫で離婚していたり、恋人に浮気された経験があったりすると結婚のモチベーションが上がらないことも。

結婚にいいイメージがない場合は、無理に結婚を急ぐ必要はありません。じっくり待って結婚へのモチベーションが上がってきたら検討しましょう。焦って結婚しても、いいイメージがないと結婚生活に無理が生じてしまいます。

子供を持ちたいと思ったり、夫婦で幸せな生活を想像できたりしたタイミングで結婚の話をしてみましょう。

相手の家族と上手くやっていく自信がない

相手の家族と上手くやっていく自信がないのも結婚を逃す理由の1つ。挨拶をしにいったときに相手の両親の言動が納得いかなかったり、直接嫌味を言われたりすると、一気に自信を失うものです。

結婚すると相手の両親とも家族になるわけですから、慎重に事を運ばないといけません。下手に結婚して嫁姑問題に発展するのは辛いでしょう。彼は良い人だけど、両親と上手くやっていけないと思う女性は多いのが実情です。

彼に嫌われたくないから相手の両親のことが苦手と言い出せない場合もあるでしょうが、抱え込んでいてはいつまでも結婚できません。彼に正直に相談してみるのも1つの手です。

子供を産みたくない

子供を産みたくないと感じるのも当然の感情です。女性の全員が子供を産みたいわけではありません。ただ、子供を産みたくないという感情は世間にはまだ認められにくいものです。そのため、子供を産みたくないけど結婚はしたい人の居場所がなくなってしまっています。

また、彼は子供が欲しいというが、自分は覚悟が決まらない場合も。彼は結婚したら子供を作るという順序で考えているけど、自分は子供を産みたくない場合は結婚のタイミングを逃してしまいます。

その際は、彼には正直に相談するのが得策。「結婚はしたいけど、子供はまだ産みたくない」とはっきり伝えれば理解してもらえるはずです。産みたくない感情はあなたのものなので、無理にねじ曲げる必要はありません。

結婚前に同棲はした方が良い?

結婚前に同棲をするメリットとデメリットを解説していきます。その上で、結婚前に同棲した方が良いかを検討してみてください。

結婚前に同棲をするメリット

結婚前に同棲をするメリットは、お金が貯まりやすいことや結婚後の生活がスムーズになること、安心できることです。結婚にはお金がかかります。同棲をすることで家賃や食費を浮かせておけば、結婚をするときのスタートダッシュを楽に切れるでしょう。

結婚生活をスムーズにするためにも同棲は重要です。家事の分担をどうするかとか、お金の管理をどうするかとかの相談を結婚前に済ませておけば結婚後に考える必要がありません。

そして究極的な同棲のメリットは安心すること。同棲せずに結婚すると何かと不安でしょう。何もかもがわからない状態での結婚はリスクが大きいので同棲で準備しておくことをおすすめします。

結婚前に同棲をするデメリット

一方、結婚前に同棲をするデメリットもあります。結婚への決断が鈍ってしまうことやお金の管理で揉める、1人の時間が減るなどです。

同棲をすることで、結婚をする決断を先延ばしにしてしまう場合が多々あります。理由としては、結婚と同棲の境目が曖昧になるから。さらに、お金の管理で揉めるのもデメリットです。同棲は結婚しているわけではないので、家計をどうするかで揉めがちになるでしょう。

また、結婚前に同棲をすると1人の時間がなくなることでストレスを溜める場合も。1人で暮らしていた人からすると、誰かと一緒にいることは少なからず束縛を受けることになります。2人の距離感を維持するのは難しいことといえるでしょう。

同棲前には必ずルールを決めておく

同棲を上手く進めるためには、ルールを決めておくことが大切です。同棲をする期間を決めて結婚までのリミットを設ける、お金の管理を明確にしておく、家事の分担などを決めるといったルールが必要です。

同棲は長引くと結婚の決断が遅くなりがちなので、3年間だけ同棲をしてその後は結婚を考えるなど、期間をしっかり設定しておきましょう。お金のことは徹底的に話し合い、どちらが管理するのか、お小遣いはどれくらいにするのかを相談してください。

家事の分担も揉めごとの種です。女性が家事をする古い価値観に囚われず、しっかり彼と分担するルールを決めておきましょう。役割をしっかり決めて、気持ちいい共同生活を目指してください。

結婚タイミングに関する注意点

結婚タイミングは男女で異なることや、親の言葉を聞きすぎないようにするなど、結婚の時期に関する問題はいくつかあります。結婚のタイミングにまつわる注意点をまとめました。

男女でタイミングは違う

男女で結婚のタイミングが異なることは注意してください。具体的には男性は経済力が手に入る30代、女性は出産を意識する20代後半が平均的なタイミングです。タイミングがずれているため、同世代の男女が結婚を意識すると認識のずれが生じやすい点に注意。

そのため、結婚はどちらかが我慢をしなければいけない場合がほとんどです。女性に合わせるなら多少経済力に不安があっても結婚することになりますし、男性に合わせるなら出産が遅くなってでも結婚を待つことになります。

どちらに合わせるか、2人の考えが一致する点を探しましょう。もしすぐ決断できない場合は、一旦同棲をして結婚の雰囲気を体験してみるのもおすすめです。

親の言葉に惑わされないこと

親の「孫の顔が見たい」は気にしないようにしましょう。当人の生きたいように生きるべきです。あなたの人生はあなたのもの。親を喜ばせたいという気持ちもわかりますが、親を喜ばせる以前にあなたが幸せにならなければ意味がありません。

結婚に限らず、誰かに何かを強いられて幸せになることはないでしょう。幸福は「しないといけない」といった義務感にかられて得るものではなく、「したい」と自発的に思ってこそ得られるものです。

周りから結婚をしないといけない雰囲気にさせられても、今すぐに応じる必要はありません。気長にじっくりと彼との愛を育んだり、結婚の準備を進めたりすれば大丈夫です。

まとめ:ベストな結婚タイミングは人によって違う

結婚タイミングは人それぞれ異なるものです。ただ1つの答えとして、周りの言葉や年齢などは関係なく、2人の心の準備ができたときこそベストタイミング。

一方で、結婚に踏み切れない理由は経済的な不安や、仕事と家事の両立が不安などの要素があります。それら不安を抱えたまま結婚するとストレスの原因になるので、しっかり解消してから結婚するようにしましょう。

結婚前の同棲については、メリット・デメリットがあるため、それぞれを理解した上でルールを決めて行うことをおすすめします。結婚は一生のうちの重大な決断です。自分の幸せを掴むために、今回ご紹介したタイミングで正しい決断をしてください。