マッチングアプリで会うまでの期間は?具体的なやりとりも紹介

本ページはアフィリエイト広告プログラムによる収益が発生しています
マッチングアプリで会うまでの期間は

マッチングアプリで会うまでの期間はどれくらい適切でしょうか?

この記事では、マッチングアプリで会うまでの期間やメッセージのやりとりの仕方、初デートのポイントを紹介します。マッチングアプリで出会い、実際に会うまでの流れが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめのマッチングアプリを知りたい人はこちらの記事をチェックしてください!

ミーラス
優良マッチングアプリおすすめ人気ランキング15選!!アンケート結果からわかったどれがいいか、出会えるマ... 500人にミーラス編集部が独自にアンケート※を実施。2024年に交際を開始した男女500人への結果をもとに「本当におすすめなアプリはどれなのか」ランキングを作りました。 ま...
目次

マッチングアプリで会うまでの流れ

たくさんの人が利用しているマッチングアプリで実際に会うためには、メッセージのやりとりがポイントとなります。ただし、頻繁に連絡を取り合うだけではいけません。実際に「この人と会ってみたい!」と思われるような、メッセージのやりとりの流れをまとめました。

【初日〜3日目】連絡をとりあう

まず、マッチングしたら挨拶から連絡してみましょう。ここでのポイントは、なるべく早めに挨拶のメッセージを送ることです。相手の印象に残りやすいようなメッセージを送ります。マッチングしたことに対するお礼、自己紹介、相手のプロフィールへの質問に加えて、趣味や好きなことを話題にするといいでしょう。

マッチングして3日目までは、メッセージでお互いのことをよく知る期間。出会ったばかりなので、なるべく簡単な質問から入ると相手も答えやすいです。

盛り上がってきたら、プロフィールから自分との共通点を見つけ「私も○○が好きです!」とアピールできるといいですね。ここで意気投合し、自分と同じものが好きだと分かると、相手の方も嬉しい気持ちになるでしょう。

【3日目〜1週間】デートに誘う

頻繁に連絡を取るようになったら、デートに誘いましょう。マッチングしてから1週間くらいが目安です。連絡する中でお互いのことを少しずつ知り、実際に会ってお話してみたい!と思った時がベストタイミングでしょう。デートの日程は、約束する日から1週間以内が理想。先延ばしにしてしまうと、せっかく盛り上がった気持ちが冷めてしまうからです。

デートにお誘いする場合は「○日か○日でいかがですか?」などと選択肢を挙げると、相手も答えやすくなり、スムーズに日程が決まります。デートはディナーでもいいですが、ランチの方が気軽に行きやすいのでおすすめです。

デートの約束ができてから、LINEなどの連絡先を交換しましょう。待ち合わせでは、アプリ以外の連絡先を知っていた方が便利なので、こちらを理由に交換しやすくなります。連絡先を交換することで、ちょっとした特別感もでますよ。

【1週間〜デート日】毎日連絡してしっかり準備する

デートの日程が決まっても、気を抜いてはいけません。当日まで、今まで通り連絡を続けましょう。マッチングアプリを利用している人は、他の方とも同時進行で連絡を取っていることがほとんどです。連絡頻度が下がると気持ちが冷めてしまい、ドタキャンの可能性もあります。

もしできそうならば、デートの前に1度電話でお話してみるのもおすすめです。相手の声を知ることで、当日の緊張を和らげることができます。ここでの電話は、実際に会ったときにたくさん話せるように、さらっと話す程度にしておきます。

また、食事をするお店は予約しておくと安心です。予約できないお店の場合は、営業時間や定休日を調べておきましょう。相手の食べ物の好みを聞き、お店の雰囲気が分かる写真をチェックしておくといいですね。

会うまでのおすすめの期間と理由

マッチングしてから、実際に会うまでのおすすめの期間は2週間とされています。早すぎると相手から不安がられて警戒されてしまったり、逆に長いと気持ちが冷めてしまうからです。タイミングを逃してしまわないように、デートにお誘いしましょう。

早いと相手に警戒されてしまう

メッセージのやりとりが盛り上がっても、1週間以内にデートの約束をしてしまうのはやめましょう。特に相手が女性の場合「もしかして体目的なのでは?」と信頼を失うことになるかもしれません。また、純粋な出会いが目的ではなく「ネットビジネス関係者かも?」と不安に思うこともあるでしょう。

このような心配がなくても、1週間以内だとすでに予定が埋まっている場合があり、断られてしまう可能性も高いです。社会人の場合、相手の仕事の状況も考慮しましょう。お互いにスケジュールに余裕を持った方が、当日のデートを楽しめます。

1ヶ月のように時間が長いと気持ちが冷める

慎重になりすぎて、会うまでに時間をかけすぎるのもよくないです。長い期間メッセージの交換が続いてしまうと、お互いに会いたい気持ちは薄れてしまいます。話が盛り上がり、会ってお話してみたい!と思ったらデートにお誘いしましょう。

また、会うまでの期間が長すぎると、相手の外見や性格のイメージが固まってしまい、会ったときにギャップを感じてしまうことも。メッセージのやりとりで相手のことを少し知り、会ったときにもっと深い話ができるといいですね。

会うまでのLINEなどのやりとり

デートが決まっても、会うまでに欠かさず連絡を取り合いましょう。連絡を取らないと、そのままフェードアウトしてしまうこともあるます。せっかくデートの約束をしたのですから「早くこの人と会いたい!」と思われたいですよね。当日のデートまでに気持ちを盛り上げるための、メッセージのやりとりをまとめました。

メッセージの頻度や長さは相手に合わせる

メッセージのやりとりの頻度は人によって様々ですが、1日2〜3通の人が多いです。相手も社会人の場合、仕事中にたくさんのメッセージが送られてくると困ってしまいますよね。相手の都合を考えないと、自分勝手で面倒くさい人だと思われてしまうかもしれません。

しかし、メッセージを続けるポイントで一番大事なのは、相手に合わせることです。連絡頻度が多い相手なら合わせて多くしたり、長文のメッセージの相手なら、こちらも長文で返すと好印象。相手にあなたとのメッセージが楽しいと思われるように、相手の気持ちを考えて楽しくやりとりできるといいですね。

共通点や話題を見つける

マッチングする場合、相手はプロフィール写真以外にも、あなたの趣味や仕事などに興味を持ってくれていることが多いです。初めは相手のプロフィールから共通点を探し、盛り上がれる話題を探しましょう。自分との共通点があるだけで、相手も緊張がほぐれ返信しやすくなります。

しかし、マッチングアプリはたくさんの人が利用しているので、中には合わないと感じる人も出てくるでしょう。共通の話題ではなく、自分ばかりが一方的に話してしまうと、相手は嫌な気持ちになってしまいます。メッセージの段階でうまく話が合わないと、今後の関係を続けるのは難しいでしょう。

返信は早めを心がける

返信はなるべく早い方が、相手のテンションも上がります。テンポよくやりとりができると、実際にお話しているかのような気がして盛り上がり、お互いの気持ちも高まりますよね。質問に対してすぐ返信が来ると、自分に興味を持ってくれていると感じます。

また、返信が早い相手に対して、こちらからのメッセージが遅れてしまったときは、なぜ遅れてしまったのか理由を一言添えましょう。理由を添えることで相手も安心できますし「自分のことを大切に思ってくれている」と感じます。

メッセージは質問形式で終わる

メッセージを送る場合、最後にちょっとした質問を付け加えるといいでしょう。質問をつけることで、相手が返信しやすくなります。初めのうちは「はい」「いいえ」で答えられる簡単な質問から始め、やりとりが続くようになったら具体的な質問をしてみるといいですね。

相手から質問された場合も、メッセージの最後には質問をするようにしてみてください。こちらが答えっぱなしでも、相手の方は「自分に興味がないのかな…」と思ってしまいます。相手にばかり質問させるのではなく、こちらも質問することでお互いをよく知り、デートまで気持ちを高めましょう。

会うまでにやっておくべきこと

当日のデートを楽しむために、準備は万全にしておきましょう。初めてのデートなので、好印象で関係をスタートさせたいですよね。ドキドキの初デートまで、やっておくべきことをまとめました。

相手のプロフィールをもう1度読み込む

やりとりを続けるうちに相手のことがだんだんと分かってきますが、デートの前にもう1度相手のプロフィールをおさらいしましょう。LINEなどを交換したときに、できればお互いに本名を教えておくと安心です。

相手の興味のあるものや出身地、仕事なども事前に確認しておくことで、当日の話題になります。全部覚えるのは大変なので、自分も興味のある共通の話題を覚えていきましょう。また、相手の身長や体型などの見た目を確認しておくとスムーズに待ち合わせできます。

相手とのメッセージをもう1度読み込む

プロフィールだけではなく、メッセージももう1度確認しましょう。デート当日は緊張のあまり、今までやりとりした内容が飛んでしまうかもしれません。1度お話したことを忘れていたり、同じ内容を再び話されると相手の方はストレスを感じてしまいます。

また、1度メッセージでお話したことなら、さらに深掘りして話しやすいです。相手の興味がありそうな話題は、メッセージのやりとりからピックアップしておくと、当日の話題作りにもなりますよ。

友人に着ていく予定の服を確認してもらう

当日の服装は清潔感を大切にし、地味すぎたり奇抜過ぎないようにしましょう。服は第一印象を決める重要なポイントです。コーディネートに白を取り入れると、清潔感が出ますよ。シンプルになり過ぎないように、柄物や色物をワンポイントで加えたり、スニーカーを合わせるのもいいですね。

自分でデート当日の服を決めたら、友人にチェックしてもらえると安心です。意外と自分の見た目のことは分からないことが多いので、他の人の意見も聞いてみるといいですね。洋服だけではなく、髪型や爪なども整えて万全の状態でデートに向かいましょう。

初デートでおさえるべきポイント

デート当日まで準備をして、いよいよ初デートです。準備をしていても、やはり緊張してしまいますよね。でもここで紹介するポイントを押さえれば大丈夫です!リラックスして、また会いたいと思ってもらえるような、楽しいデートにしましょう。

身だしなみを整える

初めて会うのですから、身だしなみはとても重要です。第一印象は身だしなみが大きく関係してきます。待ち合わせのときに、パッとみて素敵な人と思われるように、身だしなみはしっかり整えましょう。

仕事終わりにデートすることもあると思います。女性の場合はメイクを直し、髪型を整えましょう。男性の場合も、汗臭くないかなど匂いにも気を配れるといいですね。服にシワや汚れはないか、鏡で確認するのも忘れずに行いましょう。

人通りの多い場所で待ち合わせる

初めて会うときは、なるべく人通りの多い、明るい場所で待ち合わせをしましょう。メッセージのやりとりや電話をしていても、いざ会うとなると緊張し、少しは不安がありますよね。それは相手も同じです。人が多い場所での待ち合わせは難しいかもしれませんが、自分の服装の特徴を伝えたり、電話を繋げるとスムーズです。

夜のデートや隠れ家のようなバーも雰囲気がよく、デートに誘いたくなりますが、これらは何回か会ってからにしましょう。お互いにお酒が好きなら、お酒を飲むことで話が盛り上がることもあります。

できれば店は予約しておく

当日のお店は、できれば予約しておくと安心です。初めてのデートで緊張してしまっても、お店を予約しておくことで気持ちに余裕が生まれます。予約せずに行った場合、混雑していていると食事後の予定が詰まってしまうことも。万が一お店がお休みだと、その場でお店を探さなければならないので、慌ててしまうことになります。

自分がお店の予約をするときは、必ず相手の好みや苦手な食べ物を聞くようにしましょう。お店の候補を2〜3店舗、相手に送ってみるのもいいですね。予約ができたら「ここのお店を○時に予約してます。会えるのが楽しみです。」など、楽しみにしていることが伝わるようにメッセージを送りましょう。

遅刻は絶対厳禁

デートに限らずですが、遅刻をするのは絶対にやめましょう。遅刻するだけで、マナーの悪い人と思われ、第一印象が悪くなってしまいます。余裕を持って到着すると、身だしなみの最終チェックもできますし、気持ちを落ち着かせることもできます。

遅刻をしないためにも、時間に余裕を持って準備し始めたり、知らない場所や混雑する可能性のある電車などは調べておくと安心すね。もし止むを得ない理由で遅刻しそうな場合は、遅刻しそうな理由といつ到着するかを早めに伝え、会ったらすぐに謝りましょう。

会話は喋りすぎないように注意

初デートでお互いに緊張し、沈黙が続いたらどうしよう…と焦る気持ちもあるかもしれませんが、自分が話しすぎるのもよくないです。落ち着いて聞き上手になるくらいの方が相手にとって好印象になります。

話題は、メッセージのやりとりでは話せなかったことを質問するといいでしょう。緊張した場合は、メッセージの内容を少しづつ振り返りながら話していくと、リラックスして会話できるでしょう。また、相手の仕事などのスペックが気になることもありますが、自然体で会話する方がデートを楽しめます。気を張っているより、なるべく素の自分でお話しましょう。

相手のことを見すぎない

相手の容姿や服装をジロジロ見るのはやめましょう。自分の顔や体を見られて、いい気分になる人はあまりいません。服装や持ち物を見られると、相手は品定めされているような気持ちになってしまいます。

もしかしたら、他人をジロジロ見てしまうことが無意識に癖になっている人もいるかもしれません。自分では気付いていなくても、見られている方は不快になっています。少しでも心当たりがある方は、意識して視線を外してみましょう。食事や景色に目を向けたり、会話をしているときは相手の目を見ると好印象です。

会計はできるだけ男がする

男性の場合、会計は奢るのか奢らないのか迷ってしまいますよね。どちらが正しいとは言えませんが、奢った方が無難かと思われます。「次もこの方とデートしたい」「他の男性よりかっこいいところを見せたい」という気持ちがあるなら、会計はスマートに男性がするといいでしょう。

しかし、中には「まだお付き合いしていないから割り勘がいい」という気持ちの女性もいます。お互いがいい関係でいれるように、相手に合わせてお会計しましょう。

お別れは余韻を残してあっさりとする

初めてのデートは、2〜3時間であっさり解散するのがおすすめです。2件目のお店に誘ったり、家に誘うことは重いと思われてしまうのでやめましょう。また、お互いに気を遣い、解散のタイミングが分からなくなりダラダラしてしまうこともあるかと思います。初めに解散の時間を決めておくとスムーズでしょう。

あっさりと解散して余韻を残し、相手が次も会いたいと思ってくれたら、初めてのデートは大成功です。できれば次のデートの約束もできるといいですね。実際に会っているときに約束をした方が、気持ちが盛り上がっているのでOKの確率は高いです。2回目のデートは、会話の中で話題になった場所に行くといいでしょう。お酒好きなら居酒屋、映画好きなら映画館という感じです。

まとめ:マッチングアプリから交際もできる

マッチングアプリでマッチングしてから、実際にデートに行くまでのポイントを紹介しました。マッチングアプリでの出会いは、実際に会うまで相手の顔が分からないので、相手を気遣いいつも以上に丁寧なやりとりを心掛けましょう。

最近では、マッチングアプリから交際に発展したカップルも増えてきています。マッチングするまで、お互いに何も知らないところからスタートし、実際に会って交際に繋がるなんて、とてもロマンチックですよね。

メッセージのやりとりでもデートでも、大切なのは相手を思いやる気持ちです。この記事を参考に、ぜひマッチングアプリを活用して素敵な恋愛をしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次