マッチングアプリの自己紹介文の書き方!マッチ率が上がるコツを解説

本ページはアフィリエイト広告プログラムによる収益が発生しています
01_マッチングアプリの自己紹介文の書き方!マッチ率が上がるコツを解説

マッチングアプリの自己紹介文、何を書いたらいいかわからないという悩みはつきものですよね。

自己紹介は、具体的に何を書けばいいか迷ってしまうもの。

自己紹介文が適切でないと、写真がよくてもマッチングは難しくなります。一方で自己紹介を効果的かつ丁寧に書くと、出会える確率は高くなるでしょう。当記事では、マッチングアプリの効果的な自己紹介の書き方をまとめました。プロフィールの書き方に迷っている方はぜひ参考にしてください。

おすすめのマッチングアプリを知りたい人はこちらの記事をチェックしてください!

ミーラス
優良マッチングアプリおすすめ人気ランキング15選!!アンケート結果からわかったどれがいいか、出会えるマ... 500人にミーラス編集部が独自にアンケート※を実施。2024年に交際を開始した男女500人への結果をもとに「本当におすすめなアプリはどれなのか」ランキングを作りました。 ま...
目次

マッチングアプリの自己紹介の書き方

02_マッチングアプリの自己紹介の書き方

マッチングアプリの書き方は簡単な挨拶を必ず書いたり、自分の性格などを簡潔に書いたりするなど基本的な事柄を押さえておく必要があります。ここではマッチングアプリの自己紹介の書き方をまとめました。

簡単な最初のあいさつを書く

まずはあいさつをしましょう。いきなり本文に入るのではなく、ワンクッション置くことで余裕が感じられて印象がよくなります。あいさつの文章はあっさりで十分。「こんにちは」や「はじめまして」などでOKです。簡単なことに思えますが、焦っている人ほどいきなり趣味の話などをしがちなので、注意しましょう。

また、一言のあいさつに加えてあなたのプロフィールを簡単に紹介するのもおすすめです。例えば名前(ニックネームでも可)や仕事、住んでいる地域などをそれぞれ一言で説明すれば、あなたがどういった人かを一発で相手に伝えられます。もちろん住んでいる場所など話したくない場合は記載する必要はありません。

マッチングアプリに登録した理由を書く

次はマッチングアプリに登録した理由を書きましょう。男性は登録理由をかなり重要視するからです。婚活目的なのか、恋活目的なのか、気軽な出会いが目的かでマッチングするかどうかを検討する人が多いのが実情。そのため、登録理由は必ず書きましょう。

例えば「友達にすすめられて登録しました。真剣なお付き合いができたらと思います!」のような文章が好ましいです。ただし、注意した方がいいのはネガティブな内容を書かないこと。「早く専業主婦になりたいので登録しました」などは印象があまり良くありません。あくまでポジティブな内容の登録理由・目的を書くことを心がけてください。

自分の性格を正直に書く

自分の性格を正直に書くことも重要。マッチングアプリは写真も重要ですが、結局は性格が合うかどうかが大切だからです。このとき、長所だけでなく短所も説明することをおすすめします。短所を合わせて説明することで、より説得力が増すという心理学的効果があるからです。

ただし短所を強くアピールしすぎると引かれてしまう可能性があるため、長所を活かす形で書きましょう。例えば「熱中しすぎると周りが見えなくなりがちと言われちゃいます……でも、仕事にも趣味にも全力で熱中するところを褒められることが多いです!」のように、短所が長所の裏返しになる表現なら悪い印象を与えにくいのでおすすめです。

具体的な趣味を書く

趣味は充実させるとマッチングしやすくなるので必ず書きましょう。趣味の欄は男性が話を盛り上げるためによくチェックするからです。趣味をしっかり書いておくと、男性が話しかけやすくなります。

このとき、男性が話しやすいような趣味を書くのが重要です。例えば、ネイルやメイク、男性アイドルなどの趣味は男性がよくわからない場合が多いため、話が弾みにくいでしょう。一方、ドライブ・旅行・観光・食事・音楽・スポーツなどは男女共に楽しめる内容なのでおすすめです。

どんな人と出会いたいか書く

趣味まで説明したら、次はどんな人と出会いたいかを書きましょう。男性は「自分がこの人の理想に近いかどうかを確認したい」と考えている場合がほとんど。そのため、理想的な人がどういった人か明記しておくべきです。

ただし、書き方によっては押し付けがましかったり、上から目線になったりするので、1文程度でサクッと書くのが重要。たとえば「休日は2人で旅行を楽しめる関係が理想です!」といった具合です。結婚願望がある場合は「一緒に子育てや家事を楽しめるような家庭が理想です」と書いておけば自然と婚活をしていることをアピールできますよ。

最後のあいさつを書く

自己紹介文の最後は誠実な言葉で締めましょう。「イケメンには返信します」「年収が高い人待ってます」といった文章ではマッチングが難しくなるでしょう。なるべく好感を相手に与える文章で締めくくるのが良いです。

例えば「メッセージは当日中に必ず返信します!」「気軽にメッセージやいいねをしてもらえたら嬉しいです!」といった言葉を書くことで、男性が行動を起こしやすくなる上に「誠実な人なんだな」といったイメージも与えられます。自己紹介も最後が重要です。相手に良い印象を与えられる言葉を考えてみてください。

マッチングアプリの自己紹介の例文

03_マッチングアプリの自己紹介の例文

自己紹介では、人柄をアピールしたり、趣味や休日の過ごし方をアピールしたりと、色々なパターンがあります。使うアプリに合わせた自己紹介文にすることが重要です。ここではマッチングアプリの自己紹介の具体的な例文をまとめました。

人柄や価値観のアピール例文

人柄や価値観のアピールは最も重要です。写真を見ていいなと思っても、プロフィールで幻滅することも多いのが実情。人柄や価値観についてさりげなくプロフィールに盛り込み、飾らない自分を魅力に思ってくれる人を引きつけましょう。例えば下記のような文章が効果的です。

私は保育士をしていて、小さい子と遊ぶのが何よりも好きです!
友達からは包容力がある……なんて言われることもあります。笑
子どもと一緒になって遊んでくれるような男性が素敵だなと感じますし、そんな男性と出会えたら良いなと思ってます!

趣味や休日の過ごし方のアピール例文

趣味や休日の過ごし方をプロフィールに盛り込むことで、デートのイメージを男性に持たせたり、話題のきっかけになったりします。ただし趣味ならなんでもいいわけではなく、ポジティブで男性が理解しやすい趣味(映画や音楽、料理など)を中心に紹介しましょう。また趣味が多い場合は箇条書きを利用するのもおすすめ。具体的な例文は下記です。

美味しいカフェやお店を探すのが一番の趣味です!最近は自分でも美味しい料理を作れるように勉強しています。
そのほかには、
・映画
・音楽
・海外旅行
・テニス
・読書
などが好きです!

結婚願望・将来像のアピール例文

結婚願望や将来像を適切にアピールして、マッチングした後の未来を男性に想像させましょう。この部分をしっかり書いておくと、マッチング後にお互いの認識がずれてうまくいかないといったことが起こりにくくなります。ただし、あまりにも押しが強いと男性が引いてしまう場合があるので、さらっと書く程度に押さえておくべきでしょう。

真剣な恋愛ができたらと思って登録しました!
素敵な出会いがあれば結婚もしたいな、と考えています。
将来は一緒に楽しく毎日を過ごせる家庭を作っていきたいです!

マッチングアプリの自己紹介は写真も大事

04_マッチングアプリの自己紹介は写真も大事

マッチングアプリの自己紹介は写真が非常に重要。写真の印象が悪いとそもそもプロフィールを読んでもらえないからです。ここではマッチングアプリの自己紹介写真のポイントをまとめました。

メイン写真で印象が決まる

マッチングアプリはメインの写真とサブの写真の2種類を登録できます。メインの写真は一番最初に表示されるものなので、あなたの印象を決めるといっても過言ではありません。メイン写真はできるだけ好印象でわかりやすいものを選択しましょう。

メイン写真を撮るポイントは「顔がはっきりわかる」「笑顔」「1人で写っている」「背景をおしゃれ・シンプルにする」「画質がいい」などです。特に笑顔は重要です。どれだけルックスが良い人でも笑顔の写真でないと冷たい印象を与えてしまうため、マッチングしにくくなります。口角を上げるだけでも構いませんんので、表情は注意しましょう。

サブ写真は全身や趣味をアピール

サブ写真はメイン写真では伝えられない全身や、趣味をアピールするのに使ってください。サブ写真の目的はより相手に自分の魅力を伝えることと、マッチング後のメッセージやデートのネタです。

全身が写っている写真ならスタイルがどうなっているかを確認できますし、カフェの写真や映画館の写真、レジャーなど趣味をアピールすることもできます。よりあなたのことを伝えることが可能なサブ写真は、できるだけ多く掲載しましょう。バリエーションが多いと、それだけ相手が共通点を見つけやすいので、さまざまな種類の写真を掲載するのが良いでしょう。

プロカメラマンに撮影してもらうのもあり

どうしても写真がうまく撮れない場合は「Photojoy」などのサービスを使って、プロのカメラマンに撮影してもらうのもおすすめです。プロが撮ると単純に綺麗な写真が撮れるだけでなく、構図や光にこだわったクオリティの高い写真が実現します。あなたの魅力を120%引き出す写真になるので、困ったらお願いしてみましょう。

特に自撮り写真を苦手に思う男性が多いのは事実なので、マッチングがなかなかうまくいかない場合は、写真をプロが撮影したものに変えてみてください。多少のお金はかかりますが、きっと今まで以上に良い成果が出るでしょう。

こんな写真はNG

プロフィール写真で絶対に使用してはいけないNG写真についても説明しておきます。顔がわからない写真です。マッチングアプリを利用するなら顔がはっきり写っているものを選択しましょう。ただし自撮りはナルシストな印象を与えるのであまりおすすめできません。

また、SNOWなどの画像加工アプリの使用も控えた方がいいでしょう。実際に会ってみたら別人だと思うような加工は相手に失礼。逆に証明写真など堅すぎる写真も不向きなので注意しましょう。友達と撮った写真の自分が写っている部分をトリミングするといった方法がおすすめです。

自己紹介文を書くときに気をつけるポイントやコツ

05_自己紹介文を書くときに気をつけるポイントやコツ

自己紹介文を書くときは項目を埋めたり、読みやすくなるような工夫をするなど、いくつか押さえておくべきポイントがあります。どれだけ内容が良くても読まれなければ意味がありません。自己紹介を書くときのコツをまとめました。

基本的に項目は全て埋める

マッチングアプリの詳細項目は20〜30個とかなり多いです。しかし、これらを面倒がらずに丁寧に埋めていくことが重要。空欄があると「本気じゃないのかな?」「何か隠していることがあるのかな?」など相手を不安にさせてしまいます。あなた自身の本気度を伝えるためにも、プロフィールはしっかり埋めるようにしましょう。

また、プロフィールの項目を埋めるとき、嘘をつかないようにしてください。子どもがいることなどを偽って記載すると、実際に会ったときに大変なことになります。トラブルを避けるためにも嘘は書かないようにしましょう。

自己紹介文は読みやすくしっかり書く

自己紹介は読みやすく、しっかり書くことが大切。ボリュームは多すぎても少なすぎてもダメです。アプリにもよりますが、目安としては300〜400文字ほどで書くのがちょうど良いでしょう。少ないと本気度が足りないと思われますし、逆に多すぎると重たいと思われがちです。

また、文章を書くときは適切な改行や箇条書きなど読みやすくなる工夫をしましょう。改行がない文章は圧迫感を与えますので、内容が良くても離脱される可能性が高いです。また、内容を整理するためには箇条書きも効果的。趣味をいくつか紹介するときなどは箇条書きを利用してください。

誠実さをアピールする

誠実さや真剣さをアピールしましょう。プロフィールではふざけたり、逆に堅すぎても相手に違和感を与えます。適度に砕けた文章で、それでも真面目さが伝わるバランスを意識してみてください。

たとえば「メッセージは必ず返信します!」「敬語を丁寧に使う」「あいさつをきちんとする」など基本をしっかり押さえておけば十分です。その上で適度に「!」を使ったり「……」などの記号、アプリによりますが顔文字なども適切に使うと、誠実さと柔らかさのバランスを維持できますよ。

アプリ内テンプレは使用しない

マッチングアプリには大抵、プロフィールのテンプレートが用意されています。非常に便利な機能ですが、完全にテンプレの穴埋めをしただけの自己紹介は印象があまりよくないので、注意してください。

テンプレをそのまま使っていると「努力しない人」「本気じゃない人」といった印象を与えます。テンプレを適宜、自分の言葉に変換しながら利用することで、効果的な自己紹介が書けるでしょう。もし可能なら、テンプレを一切使わず、時間をかけて自分のオリジナルの自己紹介を作ることをおすすめします。

盛りすぎ&嘘は絶対NG

自己紹介・プロフィールに関して、盛りすぎとあからさまな嘘は絶対にやめてください。会ったら必ずバレる盛り方は関係を悪化させる上に、最悪アプリの利用ができなくなる場合もあります。

また、嘘もつかないに越したことはありません。子どもがいる、バツイチ、恋人がいるなどを嘘で隠すユーザーもいますが、マッチングした後、大変なことになります。最悪、アプリを二度と利用できなくなるので、嘘はつかないように誠実に対応しましょう。

プロフィールに関してよくある疑問

06_プロフィールに関してよくある疑問

マッチングアプリの自己紹介を書くとき、わからないことは多いですよね。とはいえ、友達や家族に相談できることでもありません。そこで、プロフィールに関するよくある質問にお答えしていきます。ぜひ参考にしてください。

年収は正直に書いたほうがいい?

まず気になるのは年収について。結論からいうと、年収は正直に書くべきです。年収は生活レベルに直結しているので、会えば必ずバレます。嘘をついていたことがバレると印象はよくありません。「最初から正直に話していれば関係が維持できたのに」と思っても後の祭りです。

正直に書くのが1番良いですが、もし年収が高すぎる場合は、アプリそのものを変えて、高収入のハイスペック男子が集まるものを利用すると出会いやすくなるでしょう。

身長や体型は少しぐらい盛ってもいい?

身長や体重はベスト記録なら嘘にはなりにくいので、多少盛っても問題になりにくいでしょう。というのも、1度は実現した数値だから、現状とのズレが少ないからです。ただし、明らかに現状と異なる状態を記入すると問題に発展します。

例えば、ベスト体重が48kgだったとして現状が60kgの場合、48kgは明らかな嘘になります。一方、現状で52kgくらいなら、48kgと申告してもさほど大きな問題にはならないでしょう。ようは見た目でバレるレベルの嘘ならつかない方がいいということです。

自己紹介文はマッチングアプリで使い回してもいい?

結論として、自己紹介文はマッチングアプリ間で使いまわしても問題ありません。丁寧に作成した自己紹介・PR文はどこでも通用するはずです。ただし、アプリの目的に応じて多少変えた方がマッチングしやすくなるでしょう。

恋活メインのアプリと婚活メインのアプリでは、プロフィールの方針がやや変わります。特に将来像が恋活メインなら「素敵なお付き合い」がゴールですし、婚活メインなら「良い家庭」がゴールになるので、目的を変えた方がマッチしやすくなるでしょう。基本は使い回せますが、余裕があればアプリの目的に合わせて変化させた方がいいということです。

まとめ:自己紹介を丁寧に書けばマッチ率が上がる

マッチングアプリの自己紹介文を書く流れ、ポイント・コツを紹介してきました。自己紹介文を書くときは、あいさつ・理由・趣味・理想の相手・締めのあいさつの順がベターです。また、プロフィールは写真も重要なので、自分の顔がしっかり伝わるメイン写真と、趣味や全体像がわかるサブ写真をバリエーション豊富に用意しましょう。

自己紹介を記入するときは、詳細項目を全て埋めることや読みやすさの工夫、誠実さのアピール、テンプレを使わないなどを押さえておくと、より良いプロフィールになりますよ。上記で説明した内容を反映して素敵なプロフィールを作成してください。

よかったらシェアしてね!
目次