蟹座の性格から恋愛や仕事の傾向を解説!男女・血液型で違いは?

蟹座の人は愛情深い一方で、嫉妬深く傷つきやすい一面もあるなど、複雑な印象を受けるかもしれません。蟹座である自分自身の性格についてもっと詳しく知りたいと思う人や、周りにいる蟹座の人をみて「上手く接するために特徴をよく理解したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は蟹座の性格について、恋愛や仕事における特徴、血液型や性別ごとの具体的な違いなどを詳しく解説しました。この記事を参考に蟹座の重要な特徴を理解したり、上手く付き合う上で注意したいポイントを抑えたりしながら、日常生活にぜひ役立ててください。

50人の体験者に聞いた!おすすめの電話占いサービス3選

まずは、ミーラス編集部が独自で調査してわかった、体験者から人気のある電話占いサービスTOP3を紹介します。

順位 1位 2位 3位
サービス画像 電話占いシエロ
出典:電話占いシエロ
電話占いフィール
出典:電話占いフィール
エキサイト電話占い
出典:エキサイト電話占い
サービス名 電話占いシエロ 電話占いフィール エキサイト電話占い
サービス説明 占い師によるアフターメールに定評のある電話占いサービス。

初回限定で初指名鑑定が10分間完全無料になるキャンペーン実施中!

採用率5%という厳選された占い師が多数在籍。

初回のみ「2,000円分」の無料鑑定ポイントをプレゼント中!

大手企業のエキサイトが運営する電話占いサービス。

5万件以上の口コミを見ながら、おすすめの占い師を選べるので初めての方でも安心して利用できます。

詳細
少しでも気になった方は、ぜひ公式サイトより詳細をご確認ください。

アンケート調査概要

  • 調査期間:2021年8月13日(金)〜8月19日(木)
  • 調査対象:対象の電話占いを利用している、過去に利用実績がある方
  • 調査回答数:50
  • ランキング評価内容:実際に該当電話占いを利用したことがある50人に対してインターネット上でのアンケート調査を実施。「鑑定価格」「接客対応」「占い師在籍数」「利用特典」「鑑定的中率」の5項目から満足度を調査し、その平均評価ポイントが高い順にランキング化。そのなかでも、ポイントの高かったTOP3のサービスを紹介しています。

※記事内の商品と一部重複している場合があります。あらかじめご了承ください。

蟹座はどんな性格?得意なことと苦手なことは?

蟹座はどんな性格?得意なことと苦手なことは?

蟹座の人は、何に対しても愛情深く接することのできる性格だと言えます。そのため人や物事を大切にしたり面倒を見たりすることが得意ですが、一方で過去の出来事や大切にしていたものをなかなか捨てられない傾向にあるようです。蟹座の基本的な性格と、得意なこと、不得意なことについてまとめました。

蟹座の基本性格

蟹座の人は人当たりが良いのが特徴で、相手に対して自分の意見を無理やり押し付けるようなことはあまりありません。反対に相手の意見をしっかりと聞き受け入れるような姿勢が見られ、聞き上手でもあります。

蟹座は母性を表す「月」の守護星を持っており、相手との協調を大切にする傾向にあるので情が深いのが特徴です。一方、好き嫌いが激しい一面もあるので、裏切られたり傷付けられたりした相手には冷たく接し、距離をとることがあるかもしれません。

蟹座の得意なこと

母性がある蟹座の人は、家庭的な印象を与えることが多いようです。特に家族などの身内に対する愛情が強い傾向にあるので、人の世話をしたり、子供を育てたりすることが得意でしょう。

相手の感情をよく読み取り、なるべく平和的に物事を進めようとするので、人とコミュニケーションを取ることが上手い傾向にあります。面倒見が良く、人から感謝されることが大きな喜びとなるタイプです。そのため、時折お節介とも捉えられてしまうほど世話を焼いてしまうこともあるかもしれません。

蟹座の苦手なこと

人や物事との繋がりを持つことに長けている蟹座は、大切な物や過去の出来事を手放したり、忘れたりすることが苦手な傾向にあるようです。変化をあまり好まず、一度手に入れたものに良くも悪くも執着してしまいます。些細な手紙や贈り物などが捨てられず、保管している場合もあるかもしれません。

人間関係においても、ふとしたことがきっかけで嫉妬しやすかったり、過去の恋人などをなかなか忘れられなかったりすることが多いようです。関わる人ひとりひとりに対して多くの愛情を注ごうとする、蟹座ゆえの結果だとも言えるでしょう。

蟹座からみる恋愛と結婚の特徴

蟹座からみる恋愛と結婚の特徴

蟹座は恋愛・結婚においても、パートナーや家族への献身的な姿勢が特徴的です。また、相手を愛すること以上に相手から愛されたいという願望が強い傾向にある上、浮気も許せません。恋愛や結婚の際に表れやすい蟹座の人の特徴について解説します。

献身的に尽くすタイプ

蟹座の恋愛では男女共に、パートナーに対して献身的に尽くす姿勢が多く見られるようです。相手へ向ける愛情が大きいがゆえに、自分よりも相手を優先したり、相手の希望に合わせたりすることが多いでしょう。

蟹座は自分の感情や主張を伝えることがそれほど得意ではないものの、パートナーを喜ばせるためであれば、積極的に行動しアピールできます。蟹座の人との会話で、自分から会話を広げようとするなどの姿勢が見られた場合は、あなたに尽くそうとしているサインです。

愛するよりも「愛されたい」

蟹座は恋愛や結婚において、相手から愛されているという安心感を求める傾向があります。スリルがあってドキドキするような関係よりも、相手から信頼されて大切にされるような関係を望むようです。

そのため遊びや軽い恋愛よりも、結婚を意識した真面目な恋愛に発展することが多く、誠実そうなパートナーが好みだと言えます。自分から相手を愛することも好きですが、それ以上に相手から愛されたいという気持ちが強いのではないでしょうか。

浮気は許せない

蟹座は、パートナーから愛されたいという気持ちが強いゆえに、相手に対する依存心が高くなってしまうこともあるようです。寂しがり屋な一面があり、孤独を感じるのが苦手な一面もあります。パートナーと一緒に過ごせる時間が少なかったり、相手からの愛があまり感じられなかったりすると、不安になりやすい傾向にあります。

また、愛情を求めるがゆえに嫉妬深くなってしまうこともあるので、パートナーの浮気や不倫といった行為は許せないでしょう。相手に対する依存心が高くなりがちなので、パートナーが蟹座の場合は出来るだけ一緒に過ごす時間を増やす必要がありそうです。

家庭が一番大切

蟹座にとって家庭や家族というものは、自分が安心感を得られるものであり、自分からも多くの愛情を注ぎたいと思えるもの。結婚後は、蟹座にとって家族が一番大切な存在になるのではないでしょうか。

その分、家族に対する依存心も強くなり、時には過保護なまでに振舞うこともあるかもしれません。蟹座の家族に対する愛が大きいために、そうさせているということを理解する必要があります。また、蟹座が周りの人に尽くす原動力の1つは相手からの感謝なので、蟹座の優しさを当たり前だと思わないようにしましょう。

蟹座の性格を理解して上手に付き合うには

蟹座の性格を理解して上手に付き合うには

蟹座の人との関係を上手く築いていくためには、蟹座の性格や特徴を理解した上で接することが重要です。こちら側から安心感を与えたり、積極的にアプローチしたりするよう心がけることが、蟹座と上手に付き合っていくためのコツだと言えるでしょう。

安心感を与える

蟹座の人は、パートナーとの関係に安らぎや信頼感を求める傾向にあるため、なるべく安心感をアピールすると良いのではないでしょうか。特に、一緒に過ごせる時間を増やすよう努力したり、日々支えてくれる蟹座に対して積極的に感謝を伝えたりすることが大切です。安心感を与えることで、蟹座にとってかけがえのない存在になれるかもしれません。

蟹座は周囲の人に対して多くの愛情を与えているからこそ、相手に依存してしまったり、尽くし過ぎてしまったりすることもあります。蟹座のマイナスな面も理解したうえで、愛情を注いでくれる蟹座に対してもしっかりと愛を返していきましょう。

自分から話しかけてあげる

蟹座は、自分の気持ちや考えよりも相手のことを優先させる傾向にあり、自らアピールすることが苦手な場合が多いです。そのため、蟹座の人に対してこちら側から働きかけてあげると、関係が良い方向に発展しやすいでしょう。

積極的に話しかけたり、蟹座の話を聞き出したりする姿勢を見せることで、徐々に心を開いてくれます。お互いに仲間意識が共有できると、安心して関われる間柄として、より大きな愛情を持って接してもらえるようになるのではないでしょうか。

蟹座の性格からみる仕事の取り組み方

蟹座の性格からみる仕事の取り組み方

蟹座は仕事において、上司やクライアントなど、ありとあらゆる人の期待に答えようと努力する傾向があるようです。また、相手の意見を優先して聞き入れる姿勢があるので、人のために働ける仕事や、年齢・役職に関係なく意見が通りやすい仕事環境を作る立場が向いているでしょう。蟹座の仕事の取り組み方を解説しました。

ビジネスパートナーや上司の期待に応えようとする

蟹座の守護星である「月」は、「母性」の他にも「裏で支える」といった意味を持つ星です。そのため仕事においても、上司や同僚など周りの人の希望や要求をよく聞き入れ叶えようとすることが多いでしょう。

蟹座の人は相手との関係のなかで信頼感を築こうとする傾向があるため、相手から自分のことを信頼してもらえるよう必死に頑張る姿が特徴的です。仕事仲間以外にも、クライアントや取引先など、あらゆる人との関係に対して愛を持って対応することが出来るでしょう。

聞き上手で相手の意見を受け入れる

自分自身よりも相手の都合や考え、気持ちを優先する傾向にある蟹座の人は、仕事においても聞き上手です。一方で自分自身の考えに自信を持って貫くことが苦手だとも言えるので、仲間に強くモノを言えるようなリーダーなどは向いていないかもしれません。

一方で、多くの人の事情に合わせながら働く営業や販売などの仕事は向いています。さらに、人の心に寄り添い相手を一番に優先する医者や看護師、カウンセラー、教育者などの仕事もおすすめです。

ボトムアップのリーダーになれる

自分の意見を押し通して進めるタイプのリーダーには向いていない蟹座ですが、周囲の人の話や意見を聞き、上手く取り入れようとする姿勢があります。そのため、ボトムアップ型のリーダーであれば向いていると言えるでしょう。

理論性を重視し過ぎることなく、相手の感情を大切にしながら受け入れる傾向があるので、年齢や立場に関係なく幅広い意見を参考に出来ると考えられます。そうした姿勢によって、下からの意見も上がって来やすい環境を作ることが出来るかもしれません。

男女・血液型別に蟹座の性格をチェック!

男女・血液型別に蟹座の性格をチェック!

蟹座の特徴として多く挙げられるのは、「穏やか」「思いやりがある」「繊細」などですが、血液型や性別などの傾向と合わせてチェックすることで、より理解が深まるでしょう。ここからは蟹座の性格を、それぞれの血液型の組み合わせで男女別に解説していきます。

【蟹座A型】男性の性格は?

蟹座でA型の男性は比較的穏やかな性格なので、相手に対して優しく接することができます。多くの人から愛されるキャラクターを持っていると言えるでしょう。また、周りの空気を読んで行動することが出来るので、やるべきことをしっかりとこなしながら、周りに非難されることなく自分のペースで行動できるようです。

一方で、周りに気を遣い過ぎることがあるためストレスを受けやすかったり、初対面の人に対する警戒心が強い傾向にあったりする場合もあるでしょう。自分の気持ちを内に秘めやすく、疲れを溜め込みやすいとも言えます。

【蟹座B型】男性の性格は?

蟹座でB型の男性の場合は、繊細で優しい印象を与えることが多いようです。少し内向的な傾向もあるので、すぐに人と打ち解けることや他人を信用することはあまり得意でない場合もあるようです。いい面としては、相手への気遣いに長けた蟹座らしく、周囲の人と居心地の良い関係を築けるでしょう。

一方で、時には我が道を貫くことができるのも蟹座B型男性の特徴の一つ。自分が信じることを軸にして突き進む様子が見られるようです。また、好奇心が旺盛で飽き性な傾向にあるので、突然新しい趣味を見つけてあっという間に上達してしまった、ということもあるかもしれません。

【蟹座O型】男性の性格は?

情に厚い蟹座の性格やおおらかなO型の特徴が合わさると、困難に陥った人を助けずにはいられない傾向があるようです。相手のことを広く受け止め、気遣うことのできる性格なので、周囲からも支持を得やすいでしょう。

ただし、相性が悪いと感じる人やあまり好みではない人に対しては積極的に好意を向けることはなく、一緒に過ごそうとはしません。また、人を大切にできるリーダーとしての素質はあるものの、目立つこと自体が得意ではないという慎重な姿勢が見られることもあるでしょう。

【蟹座AB型】男性の性格は?

AB型の蟹座男性は、仲間や自分のテリトリーに関する意識が強い傾向にあります。心地の良い空間や、大切な関係性をより強固なものにしたいと考えることが多いでしょう。大きな変化もあまり好まないので、人の心のドアを無理やりこじ開けようとする人や、十分に確認しないまま物事を進めることが苦手なようです。

また、争い事は避けたいものの、周囲の成功や喜びに対して嫉妬深くなり過ぎることで子供っぽくなり周りを振り回してしまうなど、ちぐはぐな印象を与えることもあります。内向的な性格から自分を必要以上に卑下してしまうことが大きく影響するので、周りを誤解させないよう工夫する必要があるでしょう。

【蟹座A型】女性の性格は?

蟹座でA型の女性は母性本能が強く感性が豊かなので、相手の気持ちを想いながら面倒を見たり支えたりできます。時には感情移入し過ぎたり、情が強く湧き過ぎることもありますが、きちんとした性格ゆえ最後まで気遣いエネルギーを向けようとするでしょう。

ただし、自分から与えた愛情を相手から拒絶されたり、冗談でもないがしろにされたりすると、心の奥で傷つき、大きなストレスを受けてしまうので注意が必要です。また気分屋な一面も併せ持っているので、突拍子も無い行動をとったり、突然気分が落ち込んだりすることがあるかもしれません。

【蟹座B型】女性の性格は?

蟹座のB型女性は、蟹座の面倒見がよく仲間を優先させる傾向と、B型の自分軸をしっかりと持ち突き進んでいける強いメンタルを持っています。困った人につい手を差し伸べてしまうような優しさを持ちつつも、粘り強く自分に正直に生きる姿勢が見られるのではないでしょうか。

現実主義な一面があり、自分の傾向を冷静に見つめることができる上、他人からも多くを学ぶことが出来るので、自分の人生をしっかりと進むことが可能です。素早く気持ちを切り替えられるので、失敗や悩みにとらわれることなく次の目標へ向かえるでしょう。

【蟹座O型】女性の性格は?

母性溢れる蟹座の素質と、様々なものを包み込んでくれるO型のおおらかさによって、蟹座でO型の女性は家庭的な印象を持たれやすいと言えます。穏やかで他人に対する思いやりがあるので、一緒に過ごしていて癒される存在になるでしょう。

普段から相手の気持ちを優先して行動することが多い大人な蟹座のO型女性ですが、デリケートな心を持つ一面も見られます。落ち着いて振舞っている裏では、ストレスを抱えていたり、知らない間に傷ついていたりする可能性もあるでしょう。

【蟹座AB型】女性の性格は?

蟹座でAB型の女性は、困っている人がいれば簡単には見過ごせないような、母性本能の強い人が多いようです。感情をあまり表に出さない傾向があるので、一見すると冷静でクールな印象を持たれやすいですが、内には熱い情熱や深い愛情を秘めているでしょう。

隠れた努力家で責任感も強いので、大切にすべきものを守ったり、一度手をつけたことは最後までやり通そうとする根性があります。感受性が強く繊細で傷つきやすいこともありますが、その分、他人の考えや本質を見抜く力も持っているのが特徴です。

蟹座の性格が悪いと思われてしまうポイント

蟹座の性格が悪いと思われてしまうポイント

蟹座は物事に対する好き嫌いがはっきりしているので、嫌いな人に対して距離を取ってしまう点が、悪い印象を与えてしまうこともあるようです。また、愛情の深さゆえ嫉妬心が大きくなってしまうことや、安定した環境から抜け出すことが苦手な点もよく思われないでしょう。

周りにあまり良い印象を与えない蟹座の性格について紹介しました。

好き嫌いが激しく嫌いな人に近づかない

蟹座の人は好き嫌いがはっきりしている傾向にあります。心を許した相手や自分に対して攻撃的ではない相手には深い愛情を持って接しますが、気が合わない人や嫌いな人に対しては距離を縮めようとせず、関わらないでしょう。

そうした振る舞いが自然と分かりやすく表れてしまいがちなので、性格が悪いと捉えられてしまうこともあります。蟹座は比較的繊細な心を持っているので、自分を傷つけるかもしれない相手から身を守るための行動だと理解する必要がありそうです。

嫉妬深くひがみっぽい

蟹座は周りの人に対する愛情が深い分、執着心や依存心も大きい傾向にあります。そのため蟹座の人は嫉妬深くなりがちだという点も、よく思われないポイントの1つだと言えるでしょう。

自分が大切に思っている相手から雑に扱われたり、愛されていると感じられなかったりすると、途端に寂しさや不安を感じてしまうかもしれません。疑心暗鬼になって相手を必要以上に蔑んだり束縛したりすることは、関係を悪化させるきっかけになりかねないので、お互いに心に余裕を持って接することも大切です。

新しい環境が苦手

蟹座は様々なものとの関係において安定性や安心感、落ち着きを求める傾向にあります。内向的な一面も見られるので、新しい環境への順応や人間関係の構築は苦手でしょう。好きな物事や人に対しては集中してエネルギーを向けられる蟹座ですが、未知の世界への冒険に関しては拒否反応を示すこともあるようです。

無理やり環境を変えようとすると、繊細な心の持ち主ゆえに大きなストレスを受けてしまったり、心の拠り所を失ってしまうことへの恐れを感じたりするかもしれません。蟹座の人が1つのことに意識を向けられるのは、本人の信念の強さの表れでもあるので、肯定的に捉えるようにしましょう。

まとめ:蟹座の性格を知って生活の中に取り入れよう

今回は、蟹座の性格について様々な角度から解説しました。蟹座の人は全体的に他人への思いやりがあり、愛情深い態度で接することが多いようです。また、慎重で繊細な一面も持っているので、一度関わったものや思い出、大切な物事に対しての執着が強く、安定感や安心感が得られる環境に身を置こうとする傾向があります。

時には、強い依存心が生まれたり、変化に対して否定的な感覚を持ったりすることも考えられますが、それらは全て蟹座の長所の裏返しだと捉えましょう。この記事を通して蟹座の性格を知り理解したうえで、日常生活での振る舞い方や付き合い方を見つめ直してみてはいかがでしょうか。