片思いに疲れたときの原因と対処法!恋を諦めずに前に進もう

片思いに疲れたときの原因と対処法!恋をあきらめずに前に進もう

恋愛をしている女性の中には、片思いに疲れて、諦めるべきか両思いを目指すべきか悩んでいる人も多いでしょう。片思いは駆け引きが楽しいですが、上手くいかないとだんだん疲れてきますよね。

この記事では片思いに疲れた女性のために、片思いが疲れる原因や疲れたときの対処について解説します。片思いを諦める方法や片思いを成就させる方法についても紹介するので、片思いに悩んでいる人は参考にしてみてください。

50人の体験者に聞いた!おすすめの出会い・マッチングサービス3選

まずは、ミーラス編集部が独自で調査してわかった、体験者から人気のある出会い・マッチングサービスTOP3を紹介します。

順位 1位 2位 3位
サービス画像 ハッピーメール
出典:ハッピーメール
キャリ婚
出典:キャリ婚
華の会メール
出典:華の会メール
サービス名 ハッピーメール キャリ婚 華の会メール
サービス説明

・気軽な出会いを求めている20~30代の若年層の方におすすめ

・国内最大級の会員累計数2,500万人で、出会いの確率74.5%と高水準

・キャリアを重視して結婚生活を送りたい女性におすすめ

・”共働き志向”の独身男性がおもな会員のため、マッチング率が高い

・質の高い出会いをしたい、30〜50代の中高年の方におすすめ

・50代以上の利用者が約半数を占めているため、気になる同世代との出会いが可能

詳細
少しでも気になった方は、ぜひ公式サイトより詳細をご確認ください。

片思いに疲れたと感じる原因

片思いに疲れたと感じる原因

片思いに疲れたという女性は、なぜ疲れたかを認識していません。原因がわからなければ対処できないので、まず原因をはっきりさせましょう。自分を知ることが大事なので、順番に解説します。

恋が成就するイメージができないから

どんなにアプローチしても、両思いになれるイメージができないと疲れてしまうことが多いようです。「楽しい未来が思い描けない」と言い換えてもいいですね。希望がない恋を追いかけて未来が見えないと辛いもの。

「相手に話しかけても素っ気ないリアクションしか返ってこない」「楽しみにしていたデートをドタキャンされた」などされると、本当に片思いが成就するのか不安になりますよね。

周囲の人が幸せそうに見えるから

自分は相手を振り向かせようと頑張っている中、周囲の人が幸せそうだと疲れを感じてしまうことがあります。なかなか結果が出ず、周囲から置いてけぼりにされたと感じてしまうからです。

親友に恋人ができると祝福したい反面「どうして自分には…」と感じたことはありませんか。周囲の人を祝福する気持ちは、とても素晴らしく大切です。しかし自分の気持ちで板挟みになってしまうことで、疲れを感じてしまいます。

片思いが長期化しているから

好きになった当初は、アプローチをかけるのが楽しいものです。この気持ちも長期化すると疲れに変わってしまいます。いろいろなアプローチをかけて成果が出ないと、どうしていいかわからなくなりがちです。

ふとした瞬間に「いつまで続くのか」なんて考えてしまったら、そのあと残るのは疲労感でしょう。進展がないままいつまでも片思いが続くと、やれることもなくなって徐々に消耗してしまいます。

LINEなどの返信が返ってこないから

LINEなどの返信が返ってこないと、疲れてしまうでしょう。残念ながらよくあることで、自分がやっていることが無駄に感じてしまいます。誰だって既読スルーは辛いものです。通知がないのに、何度もスマホを見てしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

LINEがない時代では、メールの送受信を繰り返すなんてこともよく聞いた話です。この状態が続くと、仕事や勉強でも集中できなくなります。そして「どれだけ待つんだろう」と疲れを感じてしまうのです。

片思いに疲れたときの対処法

片思いに疲れたときの対処法

片思いに疲れる原因がわかれば、対策を立てましょう。対策は人によってさまざまなので、ここでは代表的な対処法を3つ紹介します。どの対処法も、場合によっては簡単ではありません。少しでも参考になるよう、順番に解説します。

どうでもいいと考えて少し距離を置く

無理やりで構いませんので、いったん相手のことを「どうでもいい存在」と考えましょう。そして少しだけ距離を置きます。難しいかもしれませんが、1度気持ちを離すことでリセットすることが重要。具体的には、恋愛以外の何かに集中するのがいいでしょう。例えば、「新しい趣味を始める」「仕事や勉強に集中する」などが良いでしょう。

今までできずにいた趣味を始めるチャンスかもしれません。仕事や勉強に集中するときは、具体的な目標を持つことをおすすめします。仕事であれば契約件数であったり、勉強であればテストの順位であったりを目標にすると良いでしょう。気分転換に徹して、気持ちをフラットな状態に戻すことが非常に大切です。

親しい友人に話を聞いてもらう

親しい友人に、話を聞いてもらうこともおすすめです。気の置けない人と話をするだけで気分が上がりますし、自分をよく知る友人であれば、もしかしたら適切なアドバイスをくれるかもしれません。

たまには友人と一緒に少し贅沢なランチに行くのもいいでしょう。自分が気づいていない部分を鋭く指摘してくれるかもしれません。また、信頼できる友人であればどんな話をしても聞いてくれるものです。誰かに話すだけで気持ちを整理できるので、ぜひ聞いてもらいましょう。

思い切って告白する

身もフタもないかもしれませんが、最大の対処法は告白してしまうことです。「それができれば苦労しない」という人は多いと思います。しかし片思いが辛いと感じるのは、その現状が続くからです。告白されたことは、男性にとって嫌な気持ちにならないでしょう。告白して成功すれば、そのまま両思いになれるためもちろん幸せです。

もし失敗してしまっても、次に進めます。新しい恋を探すのもいいですし、失敗をバネにして諦めずに片思いを続けるのも良いでしょう。難易度は高いですが、勇気を出して告白することは決して悪くありません。

片思いに疲れたときに諦める基準

片思いに疲れたときに諦める基準

片思いに疲れたと感じたとき、諦めるか片思いを続けるか非常に悩みます。心が苦しくなることもあるでしょう。そんな時に判断基準があれば、少しは楽になるかもしれません。この記事では判断基準の一例として、3つを紹介します。下記の例は、すべての人に当てはまるわけではありませんが、参考にしていただければ幸いです。

相手に彼女・奥さんがいる

相手に特定の人がいるなら、諦めた方が良いでしょう。特に既婚者の場合は、不倫になってしまいます。略奪愛はトラブルに発展する恐れがありますし、略奪に成功しても略奪に乗る男性は、また別の女性に略奪される可能性もあります。

略奪愛は、純粋な恋愛とは違い憎しみという感情も生み出してしまいます。もし片思いしている男性に特定の相手がいるなら、待つか潔く身を引いた方が良いでしょう。

アプローチしたときに脈があるかどうか

アプローチしたときに脈がないと感じたら、早い段階で諦めた方が良い場合もあります。完全に脈なしの状態では片思いが長期化し、疲れてしまう可能性が高いからです。

脈なしの状態をどう判断するかは難しいところですが、食事やデートに誘っても断られ続けた場合は、脈なしと考えても良いでしょう。

脈がないと感じたら気持ちを切り替えて次の恋を探したり、少しでも脈があると感じたなら、もう一度アプローチしてみても良いかもしれません。

本当に相手と付き合いたいかどうか

そもそも論ですが、相手のことが本当に好きかどうか1度冷静に考えてみてはいかがでしょうか。相手と本当に付き合いたいかどうか、はっきりと答えられないことはありませんか?その場合は相手ではなく、いわゆる「恋に恋している」状態である可能性があります。告白に成功して、1週間後・1ヶ月後の自分をイメージしてみてください。

そのとき具体的なイメージが浮かばなかったり、あまり幸せそうではなかったりするとまさに「恋に恋している」状態です。相手への思いがすでになく「執着」へと変わっているなら、自分の気持ちを認めて次の恋を探した方が良いでしょう。

疲れた片思いを諦める方法

疲れた片思いを諦める方法

いろいろと考えた結果、片思いを諦めるとしても、そう簡単に諦められたら苦労しません。そもそも、諦められないから片思いしていたわけです。感情の部分なので、上手に諦める方法はなかなかありません。ここでも一例として、具体的な方法を3つ紹介します。

相手とのSNSのような連絡手段を取り除く

なかなか諦められないのは、相手と連絡が取れてしまうからです。SNSやLINE、電話のような物理的な接触方法を、すべて取り除きましょう。連絡の取りようがなくなれば、諦めざるを得ません。このとき重要なのは、中途半端にやるのではなく徹底的にやることです。

SNSやLINEは当然ブロックします。生ぬるく逃げ道を確保しておくのではなく、「やるなら徹底的に」を守ってください。とは言っても、仕事や学校の都合上、完全に断つことが難しい場合もあると思います。

その場合でも、普段より意識して見ないように心がけてください。それだけで、かなり気持ちが変わるでしょう。連絡を取らなくなれば、自動的に気持ちは薄らぎます。まさに「時間が解決してくれる」ということです。

新しい環境で他の男性を意識する

片思いをしている時は、少なからず盲目的になっているところがあります。そこで他の男性を意識してみましょう。少しずつ思いが薄らいでいくでしょう。視野を少し広げるだけで、あっさりと価値観は変わります。

しかし学生であればまだしも、社会人であれば出会いの場はあまりありません。新しい出会いを得るため、「新しい出会いの場に顔を出す」「学校や地域のサークルに参加する」などの行動を起こしてみても良いでしょう。

無理やり新しい場に、身を投じなくてもOKな場合もあります。片思い中は、他の男性のことを見ていないことが多く、あらためて他の男性を意識すると、今まで見えていなかったところがたくさん出てくるでしょう。いきなり新しい環境にチャレンジするのが難しいときは、周囲の男性を意識して見ましょう。

告白してけじめをつける

対処法でもお伝えしましたが、やはり告白することはシンプルで最大の行動です。諦める前提で告白するときは、きっと玉砕覚悟でしょう。玉砕したとしても思いを伝えることは、大きな意味があります。もちろん告白に成功すれば、それは本当に幸せなことです。玉砕して最初はつらくても、意外とあっさりと立ち直れることもあります。

諦めてけじめをつけるために告白することは、おすすめです。決して後ろ向きな告白ではなく、足踏み状態から前へ進むための告白なのですから。ただし、できることをすべてやってから告白しましょう。「やりきった」という気持ちがないと、後悔するかもしれません。

片思いを成就させるためにやるべきこと

片思いを成就させるためにやるべきこと

片思いがつらくて気持ちを消耗させるくらいなら、諦めることも重要です。しかし片思いを続けて、頑張って成就させることも同じくらい重要でしょう。片思い中の女性がやるべきことを3つ紹介します。心がけている人が多いかもしれませんが、どれも重要なのでまだの人はぜひ試してください。

相手にとって話しやすい女性になる

相手の男性がおしゃべり好きなら、ぜひ相手にとって聞き上手な女性を目指してください。おしゃべりが好きな男性にとって、楽しそうに話を聞いてくれる女性の存在は嬉しいものです。

特に共通の趣味として、会話が楽しめるとより良いです。例えば男性の趣味がサッカー観戦なら、サッカーについて勉強してみてはいかがでしょうか。一緒に試合観戦デートができるかもしれません。逆に男性の趣味がインドアで、ゲームでも同じことです。一緒にゲームをしてくれれば、とても嬉しいはず。

ただし、調べてもまったく興味がわかないジャンルの場合、無理やり価値観を合わせても後で辛くなるのでほどほどにしておきましょう。無理に共通の趣味を持たなくても、趣味に対して理解を示してくれるだけでも嬉しいはずです。

自己研鑽して相手にとって理想の女性になる

もちろん自分を磨くことを忘れてはいけません。片思いが上手くいかない原因を「自分にあるのでは?」と疑ってみましょう。その後、必要なのはたゆまぬ努力です。何事も努力している人は素敵に見えます。

今まで運動習慣がなかった人は、まず運動を始めてみるのが良いでしょう。都市圏で電車を利用しているのなら、1駅前で降りて歩くのがシンプルながらおすすめです。美容についても、いろいろ試してみるといいかもしれません。

もちろん運動以外でも、新しい知識を得るのもいいですね。新しい何かを取り入れれば、身体や脳が健康になります。自信持つくので、ぜひ何かしらチャレンジを始めてみてください。

笑顔を絶やさない楽しそうな女性になる

笑顔は、どんな人でもできる最高のコミュニケーションです。どんなときでも笑顔を忘れないようにしましょう。笑顔には自分だけではなく、周りを動かすパワーがあります。仕事や勉強で嫌なことがあっても、笑顔を忘れずにいたら不思議と乗り越えられるものです。

それに男性にとって、笑顔の多い女性と一緒にいると楽しく感じます。辛いときこそ、笑顔でいることを忘れないようにしましょう。

片思いに疲れてもやってはいけないNG行動

片思いに疲れてもやってはいけないNG行動

片思いに疲れたとき、絶対にやってはいけない行動があります。今回は、特に気をつけるべきことを2つ紹介します。ついついやってしまいがちな行動なので注意しましょう。

相手との距離が縮まらなくても焦らない

片思いが続けば続くほど焦ってしまうものですが、絶対に焦りは禁物です。「早く付き合いたいから」と焦ってがっついても、良いことは1つもありません。彼には彼のペースがありますから、落ち着いて焦らず、彼の様子や心の距離を感じながら、少しずつ歩み寄ることが大切です。

チャンスがあれば掴みにいくことは大事ですが、焦って失ってしまっては元も子もありません。焦らず相手の様子を伺いながら恋愛を楽しみましょう。

ネガティブな発言や行動はしない

絶対にやってはいけない行動は、ネガティブな発言や行動です。恋愛に限りませんが、基本的にネガティブな行動は何も生み出しません。特に相手に関することは、もってのほかです。いつどんなタイミングで、相手の耳に入るかわかりません。リアルの行動や発言は、もちろん気をつけましょう。

気をつけるべきはSNSで、ふと気づいたときにグチなどをこぼしているかもしれません。でも人間なので、グチをこぼしたくなるときもあります。そのときは、本当にクローズドな場所にしましょう。

まとめ:片思いに疲れたら距離を置くことも大事

片思いが続くと心を消耗し、疲れてしまいます。辛さを解消するには、原因を知り、対策を立てることが1番です。諦めるかどうかを判断基準で決めましょう。諦めるにしても片思いを続けるにしても、具体的な方法を実行するとより気持ちが楽になります。

恋愛とはつらくもあり、楽しくもあるものです。辛いだけの片思いはやめて、具体的な方法で楽しい恋愛を取り戻しましょう。