【男女別】マッチングアプリの写真を魅力的に撮影する方法と注意点

【男女別】マッチングアプリの写真を魅力的に撮影する方法と注意点

マッチングアプリに登録できたけれど「全くマッチングできない」「話が続かない」「良い雰囲気の人が見当たらない」こういった状況になってはいる人も多いでしょう。その原因はアプリの導入部分から始まっているかもしれません。マッチングアプリを活用する上で一番重視しないといけないのは「写真」だと知っていましたか?

この記事ではマッチングアプリの写真を魅力的に撮影する方法と注意点を、男性側と女性側で詳しく紹介していきたいます。ぜひ、この記事を読んでいただき、アプリで素敵な出会いを楽しんでください。

マッチングアプリ用の写真には種類がある!

マッチングアプリでは、プロフィールに設定できる写真に種類があります。それは「メイン写真」と「サブ写真」の2種類です。メイン写真とは第一印象を決める写真のことを指し、登録が可能な枚数が1枚だけと限定されるので、自身の顔写真を登録している人が多くいます。

逆にサブ写真とはメイン写真では見せなかった表情のある写真や、趣味や好きなもの、ペットの写真などを掲載するときに使います。何枚か登録することができるので、自身のアピールや趣味などを伝えるのに使えるでしょう。また利用しているアプリによってはサブに登録することができる枚数が変わります。そのため、2枚まで載せられるアプリもあれば、10枚まで載せられるものもあります。しっかり確認して活用しましょう。

メイン写真の特徴と効果

メイン写真とは、あなたのプロフィール画面に最も大きく表示される写真です。一説によると第一印象は顔が約6割をしめるという話もあるように、異性があなたに対して一番はじめにどのように思うかを左右する重要な役割をメイン写真は持っています。つまり、マッチングアプリで成功するかどうかの鍵を握っている大切なポイントです。

どの写真を載せるかについては、アプリ規約やモラル違反にならない写真であれば本人の自由。とはいえ、第一印象となる写真なので、自撮りの顔写真や友人に撮影してもらった写真を選んでいる人が多くいます。また、アプリによっては本人の顔写真を掲載することが必須なものもあるので確認が必要です。

そして、異性の注目が集まりやすいのは、顔がわかりやすい正面を向いた写真でしょう。時々顔が小さく写った写真や、横顔の写真など表情がわかりにくいものをメインとして設定している人がいます。しかし、それだと相手から見た時に自分の好みの容姿かどうかを判断しづらくなるためあまりお勧めできません。

また、サブにはっきりと顔が分かるものを掲載していても、利用しているアプリによっては次から次へとメイン写真ばかりが表示されていくものがあります。サブまで確認をしない利用者がいるため、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性も。多くの人にしっかり見てもらいたい場合には顔写真を正面から撮影したものを選ぶ方が効果的と言えるでしょう。

サブ写真の特徴と効果

メイン写真と対照的に扱われるのがサブ写真となります。メインが1枚だけ載せられることに対して、サブは2〜10枚の掲載が可能です。なので、サブ写真は必ずしも顔写真である必要はなく、好きなものや趣味、あなた自身の人となりを表現するものを選ぶと良いでしょう。

あなたのプロフィールを見た時に、写真の組み合わせによって良い印象を与えることができます。多く見られるのが、メインに顔写真を設定し、サブに全身のコーディネートや趣味、好みが分かる写真というものです。メイン写真だけでなくサブ写真も重要となります。

【男性編】マッチングアプリに載せる写真の撮影方法

普段、自分を撮り慣れていなかったりSNSにアップすることが少ない男性にとってはマッチングアプリで登録する写真に悩むでしょう。ここではそんな男性のために良い撮影方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

自然な笑顔で写真を撮る

メイン写真の表情は笑顔が1番です。見てくれた方に話しやすい印象を与えられる点があります。なにより、明るい印象は大切です。上の歯がすこし見える程度に口を開けた笑顔の写真がポイントです。また、大人な雰囲気を醸し出すために口を閉じた状態で少し口角を上げて微笑むパターンもあります。

また違うパターンで、笑わずキメ顔やクールな表情をメインに登録している利用者もいますが、見てくれた女性に対して大人っぽい印象を与えられる反面「ちょっと近づきづらい」といった印象も与えてしまう可能性があります。

普段の自分らしい服装で撮影する

ファッションは自分を表現する上で重要なポイントになります。無理せず、自分らしさを表現するには普段から気に入っている服装で撮影するのが1番でしょう。メインの写真に写るのは顔が中心で、写ったとしてもトップスが少し見える程度なのであまり気負わなくても大丈夫です。

しかし、サブ写真で全身を写す方は与えたい印象によって、洋服の色を変えてみるのも重要となります。明るい印象なら白系、暖色系、大人な印象の場合は黒や紺色などのトップスで色味に気を配ってみましょう。

楽しそうな雰囲気が分かるものを載せる

趣味や旅行に行った際の写真、ペットと撮った写真などを載せると楽しそうな雰囲気や幸せな空気感が伝わりやすく、相手からの好感が期待できます。マッチングした後にその写真について話が盛り上がったり、同じ趣味かどうかの判断材料になったりとさまざまな効果につながる可能性があるので楽しそうな雰囲気が分かる写真を載せていきましょう。

注意点として、趣味やスポーツ、旅行に行った際の写真は良い表情なものほど一緒に楽しんだ仲間や友達が写っていることが多いでしょう。その場合には、友達の顔は加工などをして隠すのが良いです。第三者の顔を見せないようにするようにするのはマナーでもあります。

明るい場所を選んで撮る

明るい写真は、それだけで見てくれた相手に良い印象を与えやすくなります。逆に撮影場所が暗かったり、影により暗くなってしまった写真、写真の画質が荒いなどは表情が分かりづらくなってしまい女性からの印象が悪くなる可能性が出てしまうでしょう。

また、検索画面でも暗い写真は目に留まりにくくなってしまうので、背景に気を配ることが大切です。とはいえ壁が派手すぎたり、部屋の中が物で溢れていたりすると、肝心の顔が目立たなくなってしまいます。撮影する場所が屋内や屋外のときには清潔感に配慮するのがいいでしょう。

自然光を利用すると画面の全体部分のトーンが明るくなりますが、夜の間に撮影する場合は暗いトーンになりがちなので注意して撮影してください。

男性がマッチングアプリの写真を選ぶときの注意点

マッチングアプリで上手くいってない男性の大半は、メイン写真やサブ写真をあまり適切ではない撮影方法で撮った写真をのせている可能性があります。下記に紹介されている方法で撮影している人は注意してください。

生活感の分かる背景の写真は避ける

写真に対してあまり気をつかう必要を感じていない男性が多いのか、撮影場所に洗面所を選ぶ方がいます。鏡や照明があるので撮影しやすい場所ですが、写真に映り込む物によっては生活感が出てしまいます。それにより手抜きだと感じてしまう女性もいるため、あまり良い印象を抱かれづらいです。生活感の漂う背景は避け、写真にうつる小物を意識してみましょう。

証明写真のような真顔は怖い印象に

とにかく印象が大切なメイン写真において、表情の固い写真はあまり人気がありません。マッチングアプリの写真に必要なのは、相手の目に止まりやすい魅力が感じられるものです。緊張した顔や証明写真のような真顔は、暗い印象や怖い印象を与えやすいのでおすすめできません。多少不慣れであっても笑顔の写真を選んでみてはいかがでしょうか。

上下アングルや加工はマイナスポイントになる

アプリを利用して過激な加工をしてメインやサブに盛れた顔写真を登録している方もいるでしょう。アプリ上でマッチングした写真のあなたと実物のあなたが大きく違っていたとしたら、相手は驚いてしまいます。会った後に写真と違うという理由で交際まで至ることができなかった事例があるので、過激な加工をした写真はやめておきましょう。

そして写真のアングルも大切です。誰にでも自分がよく見える角度はありますが、極端に上下のアングルから撮影した写真は自信過剰さが見えてしまったり、かっこよさが半減してしまうこともあります。先のことを考えるのであれば、ありのままの自分で勝負することも大切です。

【女性編】マッチングアプリに載せる写真の撮影方法


女性がアプリでにメイン、サブを撮影するときは以下のポイントを意識して撮影するのがおすすめです。ぜひ、参考にしてみてください。

かわいらしい笑顔で撮影する

人気のある女性は自然で親しみやすさを感じる笑顔の写真が多いです。カメラに向かって笑顔を作るのは恥ずかしかったり慣れていない方もいるかもしれませんが、真顔やキメ顔は美しい印象以上に気難しさや怖い印象を与えることもあるようです。

笑顔の良いところは顔の弱点をカバーしてくれる点で、多少顔のパーツに自信がなくても笑顔だと自分が思うよりもあまり目立ちません。少し笑顔に自信がない人でも、歯が見えるくらいの笑顔の写真を使うと良いでしょう。

メイクやヘアスタイルはナチュラルに

男性は女性の濃いメイクよりもすっぴんの方が好きだという話をよく聞きます。女性が美しいと感じるグラデーションで重ねたアイシャドウ、長く太く伸ばしたマスカラ、そしてチークなどのいわゆる盛りメイクは男性からすると近付き難いと感じることもあるようです。

実際に会った時に写真と同じ人だとわからないレベルの加工は、悪い印象を与えてしまうので控えることをおすすめします。もちろん本当のすっぴんを載せる必要はないので、すっぴん風のナチュラルメイクで男性からの好感度を上げましょう。

友達や家族に撮影してもらう

自然体の写真は異性から高評価を得やすいものです。ペットと触れ合う姿や、自然な表情でくつろぐ姿に魅力を感じる男性も数多くいます。また、自撮りのほうが写真映りの良い角度で撮れる気がしますが、それ以上に他撮りの方が安心感があるようです。

楽しそうな姿は多くの人に魅力的に見えますし、そういった自然体の姿を撮れるような友人がいること自体も良い印象にも繋がります。ただし、異性が映り込んだ写真はあまり評価がよくないようですので注意してください。

明るい場所で撮影する

写真を見た時に最初に目が行くのはあなた自身ですが、大切なのは本人だけではありません。撮影場所、背景、小物などのシチュエーションも非常に重要です。

写真の色合いは特に大切なので、屋外の自然光や十分に明るい室内の写真を使うと良いでしょう。白い紙はレフ板のように使える優れものなので、撮影をする時に顔の下に当てるだけで少し表情が明るく映るかもしれません。とはいえ明るい場所での撮影は自分のコンプレックスも目立ってしまう可能性があります。

顔の大きさが気になる人は、帽子やピアス・ネックレスなどの大振りの装飾品を身につけることで小顔効果を狙うのがおすすめ。体型が気になる人は、ワンピースや浴衣を着た写真を選ぶなどの工夫をし、美肌アプリなどで不自然にならない程度に加工すると良いでしょう。

女性がマッチングアプリの写真を選ぶときの注意点

派手すぎ、肌を出しすぎ、加工し過ぎ、何事もやりすぎは良くないです。ここでは女性側が注意すべき撮影方法を紹介しています。参考にしてみてください。

派手すぎる服装は要注意

人気な女性のほとんどは、はりきりすぎない適度なおしゃれさと清潔感をもったファッションです。流行りのファッションを取り入れている女性の中でも、肩見せの服やノースリーブのトップスなど、肌を少し見せている写真は男性の目を引きやすいかもしれません。

ただし、極端に肌を見せすぎると下心を持った男性ばかりからアプローチされる可能性があります。不純な目的だと勘違いされてしまうと、真面目に活動している人からの連絡が減ってしまうのであくまで少し見せることを意識してみてください。

過度な加工をした詐欺写真はNG

流行りの加工アプリで有名なSNOWは、たくさんのフレームやスタンプで派手にしたり、顔のパーツを自動で綺麗に装飾してくれます。加工力が非常に高いので女性の大半は日常でもSNOWなどの加工アプリを使用している方や撮った写真にスタンプやフレームを使ってメインに設定している方も多いようです。

適度な加工であれば男性も魅力として感じてくれますが、顔の形を変えてしまったり、目を極端に大きくしたりする加工は男性には不評のようです。実際に会って幻滅されない程度の加工を見極めて利用しましょう。

上アングルからの上目遣いは避ける

女性と男性とで「可愛い」に対する意見や考え方が大きく異なることがあります。控えめな上目遣いであれば男性にとっても可愛らしい印象として映るかもしれませんが、明らかな角度をつけたアングルから撮影した写真は注意が必要です。

マッチングアプリ用の写真がないときの対処法


マッチングアプリ用に普段から写真を撮っていることはあまりないでしょう。そんな時には自分の写真フォルダから探すか人に撮ってもらうのがおすすめです。下記にそのことについて紹介しています。

過去に撮った写真を探す

普段から写真を撮ってない人やマッチングアプリ用に写真を撮る時間が無い人は過去に撮影したものでも大丈夫です。

ただ、今とほとんど見た目が変わらない程度の過去であれば良いですが、あまりに古い写真で見た目が変わりすぎてしまっているものは誤解を招く可能性があるので注意が必要。もし子供時代の写真を使う場合はメインではなくサブ写真に設定し、メイン写真にはできるだけ最近のものを選択してください。

友達に撮ってもらう

自然体の写真は印象が良いので、もし協力してくれる友人がいれば撮影をお願いしてみてもいいかもしれません。友人に対しては、自撮りの時には出ない自然な笑顔や柔らかい雰囲気が出て良い写真が撮れることもあります。

撮影するにあたっては背景や角度なども重要ですので、いろいろと撮影相手への要求が出てくるかもしれません。撮ってくれた相手にはお礼を忘れずにしましょう。

プロのカメラマンに撮影を依頼する

お金に余裕があればプロに写真を撮ってもらいましょう。自撮りよりも確実にいい写真になります。たとえ同じように撮影を行っても、プロとアマチュアでは結果に差が出るでしょう。プロカメラマンに撮影を依頼すれば、クオリティの高い写真が手に入ること間違いありません。納品前に色合いや明るさを補正してもらえるので、気に入ったものは色々なところで活用するのが良いでしょう。

都内には人物撮影に適した広い公園やおしゃれな建築物があるところが多いです。そのような場所だと許可が必要になることも多いため、撮影場所を決める際はそういった点にも注意しましょう。プロに依頼するならお洒落なところで撮ってもらうのもおすすめです。

マッチングアプリに写真を載せたくないときは?

恥ずかしい、容姿に自信がない、身元バレが怖いなどいろいろな理由で写真を使いたくないときがあるでしょう。ここではそんな方のために簡単な対処法などを紹介しています。

写真なしで登録も可能

プロフィールに写真を載せるかどうかは自由に選ぶことができます。利用者の中には顔写真を載せていない方がいることも事実です。残念なことに、プロフィールを見た異性によっては写真の有無だけで細かなプロフィール内容を読むかどうかを判断する人もいます。可能性を広げるという意味でも、写真の登録をするのが良いでしょう。

身バレ防止機能があるアプリを選ぶ

身バレ防止機能があるアプリの例として、メンタリストDaiGoが監修したことで有名なマッチングアプリ 「with(ウィズ)」があります。このアプリでは実名が非公開になっていますので、自由にニックネームを設定することができます。

また、Facebookを使って登録・ログインした場合はFacebookで既に友達になっている人にはお互いの検索結果に表示されない機能を使っているため、友達とマッチングしたり利用していることを気づかれたりする心配がありません。他にもアプリによって、ブロックや公開範囲の設定などの機能が備わっているものもあるので安心して利用できるものを選びましょう。

まとめ:マッチングアプリで出会うなら写真にこだわろう

マッチングアプリにおける「メイン写真」「サブ写真」、おすすめの撮影方法について紹介しました。

写真の撮り方を工夫し、笑顔やファッション、趣味を載せたりと写真に対して気を配るだけで出会う確立は大きく変わっていきます。出会いは第一印象から始まっているのでメインには顔写真を載せてあなた自身をよく知ってもらえるようにしましょう。

またマッチングアプリによって掲載できる写真の枚数も変わっていきます。出会いに恵まれなかった方や今よりもっと出会いを増やしたい方には複数のマッチングアプリの併用がおすすめです。あなたに合った出会い方を模索していきつつ素敵な恋活ライフをお送りください。