マッチングアプリがオワコンと呼ばれる理由と原因を徹底解説

マッチングアプリがオワコンなのでは?と思っていませんか?確かにインターネットで検索すると、オワコンといったフレーズを目にすることも多いでしょう。しかし、結論から言うとマッチングアプリはオワコンとは言い切れません。確かに以前より活動がしにくくなったと感じる人がいることは事実です。

ただ、使い方を変えたり工夫したりするだけで、マッチングアプリでも十分出会うことは可能。この記事ではマッチングアプリがオワコンと言われる理由から、マッチングアプリで出会うためのコツについてまとめました。これからマッチングアプリを利用する場合は、ぜひ参考にしてください。

マッチングアプリがオワコンと言われている理由

マッチングアプリがオワコンと言われている理由

マッチングアプリがオワコンと言われる理由は、出会える確率が減ったという声が大きくなってきたこと、コロナ禍での外出自粛要請、出会いの価値観が変わってきたことなどが挙げられます。ここでは、マッチングアプリがオワコンと言われる理由についてまとめました。

出会える確率が減ったユーザーが増えた

マッチングアプリを利用して出会うユーザーが減ってきていることは事実なようです。とはいえ、仕組みが変わって出会えなくなったというよりは、出会えないユーザーの声が大きくなっているということが実情だと考えられます。

マッチングアプリのユーザーが増えたことで、出会えない人が相対的に増加。そういった方々が、Twitterなどで「出会えない」といった口コミを残す傾向にあり、その結果オワコンに見えるということが実情。出会える人は自分から「出会えました」とツイートすることは少ないので、悪い口コミばかり目立ってしまうのでしょう。

コロナ禍での外出自粛要請の影響

昨今のコロナ禍も、マッチングアプリの出会えないといった状況に大きく影響していると考えられます。外出自粛要請や飲食店の営業自粛などが原因で、物理的に出会いにくくなっているためです。

そもそもマッチングアプリは、直接出会うことを目的としたアプリですが、コロナ禍では、人と接触することを控えるように言われています。その結果、出会うことそのものが難しくなり、マッチングしにくいというのが現状でしょう。コロナ禍がいつ収束するかはわかりませんので、この状況はしばらく続くと考えられます。

出会いの価値観が変わった

異性との出会いの価値観が変わってきていることも影響しています。今までは出会いのチャンスがないと出会い系やマッチングアプリしか選択肢がありませんでした。しかし、今では、後述しますがSNSやゲームで出会うことも多いのが現状です。

特に若いユーザーの価値観が変わってきており、有料のマッチングアプリを使うことに抵抗があるという考えの人も多いのかもしれません。また、マッチングアプリ以外の選択肢としてデーティングアプリもあります。面倒なやりとりを省いてすぐデートができるもので、昨今人気が高まっているアプリです。

SNSに利用人口が移行した

最近ではマッチングアプリではなく、SNSやオンラインゲームでの出会いが増えているようです。TwitterやInstagramで出会うことが当たり前になってきているため、結果としてマッチングアプリの利用者が減っているとも考えられます。

SNSやゲームの方が趣味嗜好がわかりやすく、相性の良い人が見つかるといった側面もあり、無料で利用できる手軽さも重要です。とにかくコストをかけず効率の良い出会い方を重視する、といった考え方ならSNSの方が上手かもしれません。

マッチングアプリから離れていく原因

マッチングアプリから離れていく原因

彼氏・彼女ができたり、サクラや業者が増えたりといった理由でマッチングアプリから離れて行く人が多いのが現状です。マッチングアプリからユーザーが離れて行く理由についてまとめました。

彼氏・彼女ができた

マッチングアプリを使わなくなる人の多くが彼氏・彼女ができたという理由でしょう。マッチングアプリ外で出会いがあり、交際を始めた場合はそれ以上マッチングアプリを使う必要がなくなるため、アプリをアンインストールする人がほとんどです。

アプリによっては、恋人がいる人は利用してはいけないものもあります。恋人ができた人がマッチングアプリを辞めるのは自然なことでしょう。恋人ができてマッチングアプリから離れるユーザーについては公式も問題視しません。次に説明するサクラや業者の問題の方が深刻です。

サクラや業者の増加

運営が用意したサクラや、副業ビジネスなどに勧誘してくる業者の増加が原因となり、マッチングアプリの利用を辞めるユーザーがいることも事実です。サクラはポイント制のアプリ(いわゆる出会い系)に数多く存在します。ポイント制は、男性がメッセージを送るために◯ポイント使うといったシステムのため、メッセージをするたびに運営にお金が入るからです。

月額利用料金を支払う一般的なマッチングアプリにはサクラは少ないのですが、業者は数多く存在します。業者は運営が用意したものではなく、一般ユーザーに紛れているので悪質です。業者は、副業ビジネスやネットワークビジネスなどに勧誘してくるので、関わらないようにしましょう。

結婚願望のある人が減った

最近では、結婚願望がある人が減ったこともマッチングアプリが苦戦する理由です。出会いそのものを求めていない人が多くなっているため、結婚を目的としたマッチングアプリの利用が少なくなっていると考えられます。

一方で気軽な出会いが目的のマッチングアプリや、無料で利用できるSNSなどでの出会いは今でも活発に行われている様子。つまり、全体的なユーザーが減ったというよりは、より自分の目的に合ったところに移動したといった方が適切かもしれません。

自分に合ったマッチングアプリではない

利用しているアプリが自分に合っていない場合も、ユーザーは離れていきます。例えば気軽な出会いを求めているのに、婚活が目的のマッチングアプリをダウンロードしてしまったというケースです。

上記の場合は、マッチングする相手と自分の目的が合わないため、交際に発展することがなく、時間やお金、労力を浪費してしまうことに繋がります。マッチングアプリを効率的に使うなら、アプリのユーザー層や目的をしっかり把握することが重要です。

マッチングアプリの捉え方のポイント

マッチングアプリの捉え方のポイント

マッチングアプリについて固定観念や偏見があるとうまく利用できません。マッチングアプリの印象や利用の捉え方を改めてみると、真の目的が見えてきますよ。マッチングアプリの捉え方のポイントをまとめました。

マッチングアプリは付き合うのを目的としない

マッチングアプリは異性とお付き合いをするためのものと捉えずに、仲良くなってデートまで持っていくためのものと理解しましょう。マッチングアプリはマッチングが目的です。婚活サイトや結婚相談所は結婚がゴールですが、マッチングアプリはあくまで出会うことがゴール。

交際をすることがゴールだと考えると、色々とややこしくなりますが、まずは出会ってデートをすることを目標に見据えて取り組んでみてください。もっと気軽な気持ちで利用してみると、視野が広がってより良い出会いがあるでしょう。そして、何人かとデートしてみて、最も相性が良い人、一緒にいて楽しい人と交際すれば良いのです。

会える確率はそこまで高くない

マッチングアプリは異性と出会える可能性を高めるツール。異性と出会える確率を上げるものと捉えるべきです。マッチングアプリのよくある勘違いとして、登録すれば必ず出会えるというもの。マッチングアプリは出会う確率を上げるもので、絶対はありません。

そのため、どうすれば出会える確率が上がるかを考えながら利用するようにしましょう。例えばプロフィール写真をプロに撮ってもらったり、プロフィール文を丁寧に推敲したりといった努力は必須です。自分の魅力をしっかり伝わるようにして、出会いの確率を上げましょう。

数多くの出会いの場の一部と考える

マッチングアプリを特別なものと考えず、職場や学校、ナンパや仲間内の出会いのように様々な出会いの場の一部と捉えることがおすすめです。昨今では、マッチングアプリは一般的なものになりました。今ではインターネットでの出会いからの結婚も普通です。

そのため、もっと気軽にマッチングアプリに取り組んでみるべきでしょう。職場の気になる人に声をかけるくらいの気持ちで、マッチングアプリの「いいね」を送信してみてください。あまり重く受け止めない方がマッチングの成功率も上がりますよ。

出会いの労力が効率的になるのがマッチングアプリ

マッチングアプリは異性と出会うための「探す・仲良くなる・番号交換・電話やメールでやりとり」などの行動労力をアプリで探すことで、短縮できるものです。通常、相手を探す場合、職場や学校などの知り合い、合コンなどになるでしょう。相手を探した後も、いくつかステップを踏む必要がありますよね。

そういった手間を全てショートカットできるのがマッチングアプリです。最初からお互いに興味がある状態でマッチングできるので、連絡先交換も自然にできますし、デートも比較的簡単でしょう。効率的に異性と出会えるところが、マッチングアプリの魅力です。

マッチングアプリで出会えるためのコツ

マッチングアプリで出会えるためのコツ

利用者の多いマッチングアプリを使う、プロフィールと写真を充実させる、積極的に動くなど、攻略するためにはいくつかのコツがあります。マッチングアプリで出会うためのコツをまとめました。

利用者の多いマッチングアプリを選ぶ

マッチングアプリはどれでも良いわけではなく、利用者の多いメジャーな所を選択しましょう。利用者が多いということは、出会いのチャンスの幅が広がることに繋がるからです。

利用者が多ければ、その分あなたの理想とする条件の異性が登録している確率が高くなります。単純に選択肢も広がるので、視野の広い活動ができるでしょう。マッチングアプリを選ぶ際は、利用者数を意識することをおすすめします。基準としては数百万人単位の利用者がいるアプリが最適です。

プロフィールと写真を充実させて魅力をアピール

マッチングアプリで重要なのがプロフィールと写真です。プロフィール文が簡素な場合、真剣じゃないんだろうなと思われる可能性が高く、写真が適当な場合はあなたの魅力が十分伝わりません。

プロフィール文に関しては書き方を解説しているページも多いので、それらをしっかり確認して、自分の魅力が適切に伝わるものを作成しましょう。写真に関しては、自分史上一番盛れている写真を使ってください。場合によってはプロカメラマンに撮ってもらうのも手です。写真は第一印象を決めるものなので、お金をかけてでもクオリティを上げましょう。

自分から積極的に動く

マッチングアプリの攻略法は積極性です。女性からアプローチをかけるのは、はばかられると思うかもしれませんが、気にせず積極的にいきましょう。マッチングアプリは待っているだけではなかなか成果が出ません。気になる異性がいたら、「いいね」やメッセージを送ることでチャンスをものにしましょう。

もし、どうしても自分から積極的にはなれない場合は、結婚相談所や婚活サイトの利用もおすすめ。紹介という形で異性と出会えますので、積極性はほとんど必要ありません。ただ、マッチングアプリに比べて高額なので、経済的に余裕がある場合に限るでしょう。

まとめ:マッチングアプリはオワコンではない!

結論として、マッチングアプリはオワコンではなく、使い方次第でオワコンにも使えるアプリにもなります。マッチングアプリをオワコンと思う理由は、ユーザーからの悪い口コミが増えていることが大きいでしょう。

しかし、使い方や捉え方を変えることで、マッチングアプリは今でも十分出会いを求められます。ポイントとしては、利用者数が多いアプリを利用することやプロフィール・写真を充実させること、積極的に動くことなどです。マッチングアプリをうまく活用して、素敵な出会いを獲得してくださいね。